鳥羽 本浦温泉 「サン浦島 悠季の里」別邸水の星に泊まってみると。家族で三重ツアー(8)

サン浦島の別邸水の星で、個室ダイニングで、夕食中、若女将が挨拶に来られました。 家族で三重ツアー(8)

サン浦島は、創業から三代目です。

民宿から始まり、ジ・アースに発展しています。

お伊勢参りが終わって、今夜泊まる三重県鳥羽市本浦温泉 サン浦島の悠季の里 別邸『水の星』に早めにチェックインしました。

明るい内に宿に入る方が、宿からの景色も見えて楽しめるからです。

夕食は早めの夕食になりました。

部屋に付いている食卓で、夕食を息子家族と一緒に頂きます。

調理場から、一部屋ごとにお料理が運ばれてきます。

幼児がいても、周りに迷惑をかけないので、個室で食べられるようにとの配慮です。

食事が進んでいる時、悠季の里の女将がご挨拶に入ってこられました。

この宿は、元々は漁師のおじいさんが始めた民宿からのスタートだそうです。

今は、5店舗にまで拡大しています。

屋号はジ・アースです。人気のジ・アースに泊まりたかったのですが、幼児がいると予約がとれなかったので、こちらの宿になりました。

民宿から始めて62年、今は三代目になっています。

この宿では、平成元年に温泉を試掘し、見事アルカリ度9.5と9.4の源泉を掘り当てたそうです。

会長は船を持っていて、今でも昔なじみのお客様と一緒に海に出て、獲れた魚をさばいて、食卓に出すそうです。

サービス係の女性に聞いてみました。

社内結婚は多いのですか?「ここは社内結婚禁止になってます。」

それでも、止めても止まらないのが恋愛ではないですか?「そのようです。」

ところで、ここの経営理念は何ですか?「私は知りません。ちょっと聞いてきます。」

しばらくして戻ってきてわかりました、経営理念は「日本の旅館というよき形を残しながら、常に新しい事に挑戦していく」だそうです。

本浦温泉サン浦島 別邸 水の星の強みは、アルカリ度の強い天然温泉です。 家族で三重ツアー(9)

本浦温泉サン浦島のジ・アースの強みは、経営者の先見性です。

ほかの人には見えない物がオーナーには見えています。

部屋の中に温泉の風呂があるので入ってみました。

明るい朝、お風呂から部屋の前に広がる志摩の海が見えます。

とってもいい気分です。

朝ご飯は、8時半に予約していたので、8時半から食事が始められるよう、昨夜のサービス係の担当者がお膳を運んでくれました。

ご飯は、土鍋で炊いた炊きたてご飯です。

味噌汁には、頭を真っ二つに切った伊勢海老が入っていました。

やや味噌味が強く、減塩の方が良いのですが、伊勢海老のだしが染みこんだ味噌汁を頂きます。

もう一度、朝風呂です。別邸水の星の最上階が、玄関ロビーになっています。

ロビーから、長い渡り廊下を渡り、かなり離れたところに天然温泉があります。

朝は、お風呂の掃除の時間です。

誰も入浴客はいないので、係の人にお断りして、写真を撮らせてもらいました。

露天風呂だけでも、4タイプの浴槽があります。

アルカリ度が高いので、お湯の肌に当たる感じは、ぬめりを感じます。

今日はとってもよいお天気で、露天風呂の隅々に朝日が差し込んでいます。

掃除の時間なので、筧から流れ込んでくる温泉水は、流れが止まっています。

とても泉質の良い温泉です。ここなら、近ければ何度も来たい温泉です。

部屋から見える志摩の海に、サン浦島のオーナーが、個人用に設置している桟橋が見えます。

屋根のある船のような桟橋の使用目的は、倉庫だそうです。

その隣に係留している黄色い船は、ここのオーナーの釣り船です。

これに乗って、沖に出て、大きな魚を釣って、宿泊客に出すようです。

自分の庭のような海に、好きなときに出て行けるように船を係留し、その獲物の魚さえ、遊びでなくて仕事用に使えるのですから、仕事と遊びが一体化しています。

ダイニングルームからみると、畳敷きの和室があり、和室の向こうに志摩の海が広がります。

商売は立地八割と言いますが、なかなか良い場所を確保したものです。

さらに、良質の天然温泉の源泉を掘り当てたのですから、お客様はどんどん来るでしょう。

2013年4月5日(金)

鳥羽 三重旅行 アーカイブ

2013年4月4日(木)