40代から始まる眼の衰えに、シニアビジョンで対応する勉強会です。いつまでも若く、アンチエイジングへの取り組みです。

40代から始まる眼の衰えに、シニアビジョンで対応する勉強会です。いつまでも若く、アンチエイジングへの取り組みです。

40代から始まる眼の衰えに、

近用メガネをかけるのは、いつまでも若くと願う気持ちに逆行します。

遠近両用レンズで、アンチエイジングへ取り組みます。

社会学者のP.F.ドラッカー先生は、

『すでに起こった未来』においていわく、

現在起きている事は、すでに未来に繋がろうとしています。

コンタクトレンズ業界にあっても、

人口比率を見れば、近い将来、

近用のシニアビジョン対応が求められる事が分かります。

総人口に占める40歳以上の比率は、

2010年には56.5%にも及んでいます。

いずれのコンタクトレンズメーカーも、

かなり以前からシニアビジョンの対応を模索してきました。

ハードレンズの時代、ソフトレンズの時代、

そして使い捨てレンズの時代へと経過していくなかで、

使い捨てレンズでのシニアビジョン対応を図っています。

いずれのメーカーも、

決定的な優れたシニアビジョン対応の製品開発に至っていません。

どのメーカーが先にゴールに辿り着くか、

製品開発競争が続いています。

今日の講師は、

メニコンの教育研修部 テクニカルインストラクター 田中弘和さんです。

メニコンが取り組んでいる新しいレンズの研修担当者です。

全国に先駆けて、

さんプラザコンタクトレンズで初めて研修会を行うそうです。

最近の市場調査では、

遠近両用レンズの市場規模は87億円で、

そのうち酸素透過性ハードレンズが44%、

2WEEKタイプが37%、

1dayタイプが14%と報告されています。

40代から始まり、50代になると必要性を感じる、

近くが見えにくいという見え方の問題を、

若い検査員が理解するためには、その人がどんな具合に見えているか、

シニア層の見え方や生活スタイルを確認する必要があります。

若い人であれば、近視がどんな見え方で、

どうすれば見え方が改善されるか、体験しています。

それを時計の針を10年20年進めて、こんなふうな見え方になると、

共通の認識が求められます。

今の30代や40代のコンタクトレンズユーザーが、

10年後にはシニア世代に移行して、

コンタクトレンズの需要も、遠近両用の需要が見込まれます。

その時になって相談に乗るよりも、

今の屈折力が十分な時代から、

将来を見越した屈折変化のアドバイスを心掛ける事で、

ユーザーの信頼感が得られます。

今直ぐにどうのこうのするのではなくて、

いつか30代の人が40代になったとき、

そういえばこんなアドバイスをしてもらってたなぁと思い出して頂ければ、

シニアビジョンの相談に来られる可能性が高まります。

一般にコンタクトレンズユーザーは、

男性が35%、女性が65%と言われています。

そうなると、シニアビジョンのユーザー比も、女性が高くなります。

いつまでも若くとアンチエイジングが叫ばれている現代では、

近くが見えにくいという見え方の問題を、

いかにも歳をとったと見た目にわかる老眼鏡よりも、

コンタクトレンズでカバーしようとする時代が、

すぐ間近にやってきます。

その日に備えて、

今日の勉強会が有益な効果が出る事を期待します。

コンタクトレンズ勉強会 関連記事 アーカイブ

2013年2月4日(月)