盛山正仁候補は、兵庫一区自民党から、立候補しました。

盛山正仁先生は、東京大学法学部の後、神戸大学大学院法学研究科で修士論文を書かれました。盛山正仁先生が会社の事務所まで挨拶に来て下さいました。

盛山正仁先生は、第46回衆議院総選挙の兵庫一区の小選挙区で当選です。比例区でも当選です。

第46回衆議院総選挙は2012年12月4日告示され、12月16日(日)が投票日になりました。盛山正仁候補は、兵庫一区から立候補しています。兵庫一区は、中央区・灘区・東灘区の3つの区が選挙区になっています。

大阪からJRで、六甲道に帰宅した時の事です。六甲道の山側に出ると、盛山正仁候補が、JR六甲道から出てくる降客に向かって、街頭演説をしていました。

松葉博雄は、盛山正仁候補に駆け寄って握手をし、あと一歩ですねと励ましました。盛山正仁候補は、寒い中で立ち続けなので、両手ともすっかりつめたく、冷えていました。

とっても寒い中、何時間もずっとマイクを片手に所信を述べています。偉いなぁと思いました。話を聞いてくれる仲間内の集会だけでなく、ビジネスで言えば、一見さんに話を聞いて貰う事は、飛び込みセールスをするのと同じ様に、場数を踏んだ信念が必要です。街頭演説をこなせば、力が付いてきます。

第46回衆議院総選挙の事前予想は、週刊誌でも、新聞でも、繰り返し報道されていました。兵庫一区は都市型選挙区の地区で、その時の民意は、風が吹いて揺れる稲穂のように、右にも、左にも、風向きによって変わり、定まるところがありません。

投票日が近づくと、次第に自由民主党に風向きが有利になってきました。

盛山正仁候補の選挙事務所は、三宮の加納町交差点を北に少し上がったところです。

選挙事務所に応援に行ったときは、盛山正仁候補は選挙活動に出払ったところで、事務所にはいませんでした。事務所には、神戸市の多くの団体から推薦状が届き、壁一面に掲示されていました。

選挙は油断大敵で、安心と思えば活動はゆるみ、油断に繋がります。これは、受験生が直前の模擬試験で、良い判定が出るとつい油断してしまう事と似ています。

そして、12月16日の投票日を迎え、即日開票の開票が進むと、盛山正仁候補は、選挙区で当選確実が出ました。そして、比例区でも当選です。

あれから、1週間もしない12月22日(土)に、盛山正仁先生は、わざわざ松葉博雄のいる事務所へ、当選のご挨拶に来られました。盛山正仁先生は本当に嬉しそうです。3年3ヶ月のご苦労は、大変な事だったと推察します。

そのご苦労が報われて、本当に良かったです。一緒に手を取って、喜び合いました。

当選後、いろいろと挨拶回りがあると思いましたが、まさか、こんなに早く盛山正仁先生がご挨拶に来られるとは思いませんでした。当選しても、とっても気さくな先生です。まるで、偉そうぶるところがありません。

話の中で、国会議員の日常生活についてお尋ねをしました。ほとんど毎朝、自民党では、勉強会が朝7時半からあって、その後は、委員会に出席するとか、政策遂行に関わる官庁との打ち合わせとか、本会議への出席等、一日中議員活動が続くそうです。

そして平日の東京での生活から、土日は、地元神戸に戻り、地元での活動があるそうです。まるで休む時間がありません。これは、よほど体力がしっかりしていないと、務まりません。

盛山正仁先生は、前回の選挙の後の浪人中は、神戸大学大学院法学研究科で、修士課程の研究活動を行い、修士論文を書かれました。その修士論文は、『公海上の航行の安全確保に関する課題について-ソマリア沖における海賊対策に関する国際協力-』でした。

修士論文を2011年6月に頂いて、松葉博雄は、ゆっくり読ませて頂きました。その後、盛山正仁先生は博士課程に進まれ、博士論文に取り組んでおられました。

政治活動と、研究活動と、そして、いくつかの大学の教授としての教育活動をしながら、今回の議席復活に向けて、多くの活動をし、ご苦労が報われたことに対して、本当によかったと思います。

諺に、『天は自ら助くる者を助く』といいます。当選おめでとうございます。

 

2012年12月22日(土)