南あわじの焼肉か、丹波の手打ち蕎麦か、決まった行き先は、南あわじ市にある焼肉平松です。

リッキー君と淡路ツアー(1)

お父さん、何か美味しい物食べさせて と、息子夫婦がやって来ました。それなら先日丹波市の宝珠園でお会いした、三津屋 妹尾の妹尾栄二さんのお蕎麦屋さんに行ってみようと、青垣に向けて出発です。

念のために予約の電話をしてみると、なんと今日は臨時定休日です。電話して良かったです。そこで第二弾は、南あわじ市の焼肉平松です。

ドライブで運転中に、秋になると聞きたい音楽があります。それはタンゴです。タンゴで洗練されたのは、コンチンタルタンゴです。この時季にぴったりのタンゴといえば、「碧空」です。

高速道路から見る向こうの方には、青い空がタンゴの碧空を連想させるように広がっています。

これから行く先は、淡路島の南あわじ市にある焼肉の平松です。

今日のドライブのお供はリッキー君です。リッキー君には、お父さんとお母さんも一緒です。西淡三原で高速道路を降りると、稲が実る地道を走ります。

焼肉平松の近くには、慶野松原があり、湊港があります。南あわじ市役所の近くです。

休業中と間違えそうな改装工事の中で、焼肉平松は営業中でした。

淡路島の飲食店を見つけるため、ガイドブックを買いました。ガイドブックを選ぶとき、広告の多いガイドブックよりも、広告の少ないガイドブックの方が、行きたい店が充実している事に気が付きます。

焼肉平松もガイドブックで見つけた店です。お昼時にはランチを注文すると、充実しているそうですが、今日は日曜日なので、お昼のランチはありません。

12時をまわってお店に入ったのですが、ほとんどお客さんがいません。個室も空いていて、リッキー君の為には、個室があると助かります。

お料理を注文して待ってる間、リッキー君は退屈で仕方が無いようです。そこで、個室の部屋にあるもので、リッキー君の興味をそそるような物を見つけました。

それは、綺麗に磨かれたスチール製の灰皿です。灰皿を5つ横に並べたり、重ねたりしていると、早速リッキー君が食いついてきました。ぼくも寄せてと言いたそうな食い付き方です。

幼児をあやすには、こつがあります。こつさえ分かれば、幼児の気持ちを掴む事が出来ます。

今日は運転をしなくていいので、安心して生ビールを頂きます。最初に頂くのは、キムチの盛り合わせです。これまで一番美味しかったキムチは、松葉博雄が韓国の空港で買ってきたお土産のキムチだと、奥さんがいっています。

キムチの味は、辛いだけでなく、酸っぱさや素材から出る甘さも必要です。焼肉を始める前に、キムチの辛さで胃腸を刺激して、食べたい食べたいと、食欲を高めています。

2012年9月16日(日)