孫や娘や息子が、集まってくると、嬉しくなります。子どもを育ててみると、親のありがたさが分かるのです。みんなそうです。私もそうでした。

日曜日の朝、子どもの声が聞こえます。どうしたのかと、目が覚めたのは、リッキー君の訪問で、リッキー君の声を聞いて目が覚めました。リッキー君のお父さんが、リッキー君を連れてやって来ました。

今の親の世代は、イクメンと称して、育児を率先して実行する男子が多いそうです。松葉博雄も、3人の子どもを育てた時には、子ども達を連れて、あちらこちらに行きました。

幼児の寝かしつけ方、ミルクの飲ませ方、ぐずるときなどのなだめ方等も体験しました。男の子の幼児は、とにかくじっとしていません。少し目を離すと、危険な事を、あと一歩制止が遅れると、大けがに繋がることや、危ない物を飲み込んでしまうことや、大事なものを壊してしまう事は、よくあることです。

夕方には長女がやってきて、一緒に夕食に行くことになりました。6月の神戸の街には、ユリの花が咲いて、もう少しで浴衣姿が見られそうです。

この時期は、蔓物の茎がよく伸びる頃で、茎の先には、朝顔のような色とりどりの花が咲いています。

三宮から元町の大丸方向に、夕涼みしながら親子3人で歩いています。何を食べようか、なかなか相談はまとまりません。

たいしてお腹も空いていないので、冷麺くらいでいいのですが、韓国料理店に行ってみると、満席で、1時間待ちと言われ、冷麺は諦めました。

朝日会館まで来ると、もう大丸は直ぐ側です。日曜日のオフィスがお休みのオフィス街は、人通りも少なく、ゆっくりとした時の流れを感じます。

振り返ってみると、西の方から夕日が差して、周りのビルの窓硝子を夕日に染めています。

神戸の元町は、こんなに綺麗な街だったんだなぁと、改めて神戸の港町、居留地の落ち着いた風景を感じました。

大丸に入って、9階の食堂街に上がり、ここでまた、何を食べようかとまだ決まらず、やや娘の顰蹙をかいつつ、それでも無理して食べられないのも事実で、うどんなどはどうでしょうか?と、妥協点を探ります。

食堂街の奥の方に、さぬきうどん 讃兵衛の店があり、ここにします。

娘は、『安さん』のお寿司がよかったようですが、にぎりでも、海鮮丼でも、とてもお腹に入りません。不思議なもので、汁物、つゆものなら入りそうな気がして、大きな油揚げが入ったたぬきそばを選びました。

ただし、注文をつけて、麺は細麺でお願いしました。食道に太麺が入らないわけではなく、なんとなく細麺の方がつるつると喉に通りやすいように思います。

奥さんは釜揚げうどんの様な、熱い麺に、つけ麺で食べるメニューを選んでいます。

娘は、真ん中に梅干しの入った鶏肉のあんかけのような うどんを頼んでいます。

7時をまわって、百貨店も閉店の8時近くになると、お客様の数も減って、そろそろ商品に布地をかけたり、ショーケースの鍵をかけたり、閉店の準備が進んでいます。

まだ、松葉博雄は、百貨店のその日の最後のお客になったことはありませんが、閉店にはかなり丁寧に見送ってくれるそうです。

2012年6月10日(日)