朝来市の白井大町藤公園の藤の花は綺麗でいいな。山陽一の藤棚です。

朝来市の白井大町藤公園のふじの花は綺麗でいいな。白井大町藤公園の花棚を見ながら 社長ブログ神戸/旅行 朝来市/ 有馬温泉から朝来市へドライブ (5)

いいないいな、一年の中でこんな気候はいいな。

朝来市の白井大町藤公園の藤の花は綺麗でいいな。

お天気の野外で、藤の花棚を見ながら、お弁当を戴くのは、いいないいな。

5月はいいな。鯉のぼりが風になびく姿はいいな。

山深ければ、山藤多し。山深い丹波地区には、藤の花の名所が、あちらこちらにあります。今日は偶然、白井大町藤公園を見つけました。

**

平日ながら大変な賑わいです。入場料は大人300円です。駐車場は300台入り、駐車料金は無料です。

**

藤棚の総延長は500mもあります。白井大町藤公園は平成11(1999年)年5月開園です。

**

入場切符を買って、公園に入った途端に、見事な藤の房が目に入ります。すごい迫力、今が見頃か、これからか、手入れされた藤の花が、咲き揃っています。

** **

白井大町藤公園は、水仙、芝桜、つつじと、春になると花のリレーになります。

**

池を入れると総面積は32.500㎡あります。公園自体の広さは7,000㎡です。

**

時刻はちょうどお昼頃、公園の中には売店もあり、露店もあります。

**

見事な藤棚に見とれて、さらに中央の広場には、枝垂れ桜のように、枝垂れ藤の大きな木が3本植えられています。

**

奥さんが、公園内のお店でお昼のお弁当を選んできてくれました。よく気が利いて、鮎の塩焼き、ノンアルコールビール、そして巻き寿司と炊き込みご飯です。

お弁当を買ってくるまで、席を確保して、周囲を見ながら人間模様を見ています。

**

平日なので、ほとんどの方が仕事のリタイア組です。

**

向こうの池のある山麓の方には、沢山の鯉のぼりが風に泳いでいます。

**

藤の花は風になびいて、少し揺れています。

蜜を求めて、ミツバチが藤の花の房に群がっています。刺されたら大変、先日エンドウの実を取ろうとして、ハチがいる事を知らないで、指をエンドウ豆に近づけたとき、一瞬チクッとして、ハチに刺されてしまいました。

**

ハチと人間の体の対比は、比較になりませんが、ハチの一突きと言う様に、小さなハチでも刺されてみると、半日は疼きます。

**

程なく、奥さんが買ってきたお昼のお弁当を戴きます。

**

鮎はまだ小ぶりで、一口が400円です。2本買ったら、鮎のサイズが小さいので申し訳ないと言って、1匹おまけしてくれたそうです。

**

アサヒスーパードライとそっくりのノンアルコールビールです。炊き込みご飯の中には、筍を中心に、山菜がいっぱい入っています。

**

露店で買った巻き寿司は、甘さの調節を失敗したみたいで、砂糖味が強すぎました。無計画な出発でしたが、お天気も回復して、鯉のぼりが泳ぐ、風薫る、五月晴れの下で、藤棚の何千本もあるような、藤の花房を見ながら、お弁当を戴ける幸せを感じました。

2012年5月10日(木)