花しょうぶ園に来ました。三田の永沢寺の前に広がる花しょうぶ園です。和田良三園長の花しょうぶ園を開設した時の話です。

花しょうぶ園に来ました。三田の永沢寺の前に広がる花しょうぶ園です。 花しょうぶ園(2)

花しょうぶ園に来ました。三田の永沢寺の前に広がる花しょうぶ園です。永沢寺の周りには、猪と鹿が農作物を収穫直前に食べるので、農作物から観光園に変えました。

花しょうぶ園の園長の和田良三さんと名刺を交換します。和田良三さんがいうことには、和田良三さんが30代の頃、この花しょうぶ園は、お米を作る水田だったそうです。およそ1町歩(3000坪)を耕して、お米を作っていました。

**

毎年、豊穣の秋、収穫寸前のところで、待っているのは、この地方の暴れん坊、イノシシです。一晩で作物が全滅したこともあるそうです。いのししが集団でやって来て、食い尽くすわけです。

最近は、いのししだけでなく、鹿も増えています。三田の耕作地は、周りをネットで囲い、猪と鹿の侵入を防いでいます。まるで、人間が檻に入っているようです。

**

こんな猪の襲撃を、毎年受けていると、これは以前に見た黒沢監督の映画、「七人の侍」とそっくりです。七人の侍では、毎年秋になると、野武士がやってきてお米を奪っていきます。そこで和田良三さんは考えました。

**

米を作っていても、いのししに食い散らされて収穫にはならないので、何か代わりの物を、いのししが見向きもしない物を作ろうと考え、ちょうど永沢寺の前に田んぼがあったので、思い切って、昭和55(1980)年に一町歩の畑を全て、花しょうぶ園に改造したそうです。

**

もし、水田でお米を作っていたら、1反でどれだけ収穫出来て、収穫したお米はいくらで売れるでしょうか?これが意外に安いのです。1反でおよそ600㎏(4石)収穫出来ます。それを農協に買い取ってもらうと、買い入れ価格は1㎏あたりおよそ200円です。

**

そうなると、1町歩では6000㎏(40石)ですが、籾殻と精米で30石に減り90万円です。ところが、お米を作るまでに、農機具や肥料が必要です。特に、耕耘機は益々大型化しています。詰まるところ、お米を作って、一家を養えるほどの収益が上がらないのです。

**

それなら、お米作りから観光へ転作を試みるのも納得です。3年かけて花しょうぶ園を作り、33歳の時に起業したそうです。

ハナショウブ、アヤメ、カキツバタは、よく似ています。自生している場所によって名前が変わります。

**

その後、花の種類を増やし、近隣の農家と連携して、そば作りを始め、自らも蕎麦を打ち、そば道場を開いて、そばの打ち方も指導しています。

**

今日、雲水蕎麦を食べているときに、かかってきた電話は、ある出版社からでした。子ども達を団体でそば道場の体験修行をする話のようです。

**

和田良三さんの話を聞いてて、起業家精神を感じました。なかなかのアイデアマンです。

**

そして、ぼたん園も立派な花が咲いていました。ことわざに、美人のことを花に見立てて、

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花』と言います。

**

展示即売もありました。白い鉢は2000円、黒い鉢は3000円です。

まもなく母の日なので、カーネーションの代わりに、赤いぼたんを買うことにしました。今は、3つの蕾が小さな花芽を作っています。もう少しすれば、このぼたん園に展示されている牡丹の花と、同じ様なキレイな牡丹の花が咲くはずです。

**

ぼたんは今が花盛りです。ひとつひとつの牡丹の花を、デジカメで写してきました。

この牡丹の花は、椿の花と同じ様に、ひとつひとつが美しいので、後日、別のページでご紹介します。

**

今日は、お昼間近の近隣ドライブで芝桜を見るつもりでしたが、芝桜を見るより、もっと有意義な和田良三園長さんのお話を聞いて、この花しょうぶ園の出来たきっかけや、猪や鹿との共存のご苦労の話を聞けてよかったです。

2012年4月26日(水)