オーストリアのLech村にスキーを楽しみに行きました。 U君は、お父さんに抱かれて滑るスキーです。

オーストリアのLech村にスキーを楽しみに行きました。U君はそりを押して、雪を楽しんでいます。

オーストリアのLech(レッヒ)村にスキーを楽しみに行きました。U君の写真には、何か食べ物が写っています。

両親についてドイツで暮らしているU君の新着情報です。5泊6日の予定で、ドイツのボン市から、車で8時間くらいのオーストリア Lech村にスキーを楽しみに行きました。

**

Lech(レッヒ)村は、ヨーロッパ中からスキー客が集まるスキー場です。U君は、ちょっと前までよちよち歩きだったのに、もう雪の大地をスノーシューズを履いて、誰にも介助されなくても歩き回れるようになりました。

**

Lechスキー場で、スキー用具を借りると、4日間借りて一人150ユーロです。U君のお父さんは、スキーがお得意です。お母さんは、初心者です。U君は、初体験です。

**

こんな雪の深さを経験できるのは、日本列島なら北海道くらいでしょうか?かなりの積雪でなければ、こんな大きな雪だるまは作れません。

**

幼い時にスキーを始めていれば、体が自然にスキーに順応するようです。こんなオーストリアのキレイなスキー場を見ると、かつてのオリンピック大回転の金メダリストで、映画俳優のトニー・ザイラーを目指してU君も滑って欲しいと思います。

**

U君の成長を支える食欲旺盛な様子が伝わって来ます。写真には何かお菓子を持っているとか、何かを食べているショットが多いようです。雪の塊まで食べています。

**

スキー場の山頂へは、リフトで上がります。

**

GoogleでLech(レッヒ)を探してみると、山が村を囲む盆地のようです。周りは白い雪の峯が続いています。U君がお菓子を食べながら、展望台に立っていると、まるで、信州の方から届いた写真のように思えてしまいます。

でもここはミュンヘンの近くで、日本人がいることの方が珍しいのです。すっかり海外に溶け込んだU君に驚いてしまいます。

2012年3月7日(水)