ドキドキしました。

ドキドキしました。東光寺への道が狭くて、対向車が来たらどうしようかと、ドキドキしました。 淡路島へ紅葉狩(4)

ドキドキしました。東光寺への道が狭くて、対向車が来たらどうしようかと、ドキドキしました。 ガードレールのない狭い道です。落ちたら危ないとドキドキします。

さて、お目当ての紅葉ですが、淡路随一と言われる程の紅葉は何処にあるのか、境内を探索してみます。

**

まだ冷え込みが足りないのか、真っ赤と言えるほどの紅葉が見つかりません。

**

ちょっと移動して横から見てみます。 少し高い所から見てみます。

**

一通り廻ってみると、一番紅葉しているところは山門の近くと、本堂に上がる石段の手前辺りでしょうか?

**

先ほど見た、東光寺のポスターに写されている紅葉は、言ってみれば、この東光寺のベストショットの場所なので、ここを探せば良いはずです。

**

いろいろ見て廻ったつもりですが、ポスターと同じ場所がどこか分かりません。

**

ひょっとすると、もう少し遠くから写したのかもしれません。

**

山里の秋を十分に満喫し、欲を言えば紅葉を見る為の縁台があって、赤い毛氈を引いていて、抹茶でも頂けたら、しみじみと更けゆく秋を瞑想しながら、少し光明が得られるかもしれません。

**

帰り道は、ドキドキしながら来た道を通ります。 道の幅が危うい所は、来る時に見てきたので、どの辺りを注意したら良いのか分かっています。

人生にも、折り返しがあって、注意するべきところが分かれば、ドキドキと迷うことがないのですが、折り返しが出来るとすれば、若い人に危うい道を教えてあげることくらいです。

2011年12月1日(木)