人気(ひとけ)のない、誰もいない淡路島の道です。

人気(ひとけ)のない、誰もいない、紅葉狩の道は、脱輪しても、すぐには助けてもらえそうにもありません 淡路島へ紅葉狩(1)

人気(ひとけ)のない、誰もいない紅葉狩の道は、脱輪してもすぐには助けてもらえそうにもありません。人気のない道は、夏になるとホタルが出そうです。

花鳥風月を追って、自然に親しみながら穏やかな生活をするのは、なかなか実現できません。 つまり、隠居して、仕事から離れて、のんびりと暮らす事です。

実際に、仕事から解放されてのんびりしている友人の話では、Sunday毎日と言って、毎日お休みで、ため息がでるほど暇だそうです。 つまり無いものねだりで、忙しい人は暇を求め、暇な人は忙しさを求めます。 理想的なのは、好奇心を満たす暇と、金と、体力に満ちた生活です。

今日の近隣ツアーは淡路島です。 目的は紅葉の鑑賞です。 紅葉を見たければ、ベストなのは、京都の寺院です。 でも、京都の寺院へ紅葉鑑賞に来る方は、新幹線に乗って、バスに乗って、電車に乗って、各地から集まって来ているようです。

その点この淡路島は、ゆったりとした、ゆとりのある人出です。

**

インターネットで淡路の紅葉を調べて見ると、淡路は特に名高い紅葉の名所は無いようです。 原因となるのは、海の潮風で、紅葉が育たないという説もあります。

インターネットのトップに出てきたのは、淡路の紅葉と言えば、東光寺でした。

東光寺は、淡路市にあります。 北淡ICで降りて、後はカーナビに誘導されて、細い道を走ります。 段々道幅は狭くなり、もしここで対抗車が来ればどうしよう・・・というほど、狭い道になりました。

ガードレールも無く、片側は小川に続く絶壁です。 こんな所で脱輪すれば、JAFが来てくれるまで、こころ細いだろうなと思って、対向車がこないことを祈りながら、途中にある天然ホタルの出る、生田の里まで来ました。

**

今年の夏にもホタルを見に行きましたが、沢山は見られませんでした。それから、あちらこちらで来年のためにホタルの出る場所を探しています。ここも、来年のために覚えておきます。

**

えらいことです。 桜の花が咲いています。 この暖かさで、春と勘違いしたのか、桜の狂い咲きです。

段々と、東光寺の標識が頻繁に出るようになりました。 掲示板があると親切です。

**

自宅の周りの景色を見ながら、そろそろ紅葉もいい頃ではないかなと、頭の中での計算があります。 東山寺は、津名の奥座敷と呼ばれる山深い場所にある、紅葉の名所です。

カーナビで入力しても、周りには目印になる大きな建物はなく、山の中に道があります。

**

道がさらに狭くなり、こんな所に、本当に紅葉の名所のお寺があるのだろうか? もしあったとしたら、こんなに民家が少ない所で、東光寺の経営は、成り立つのだろうか? と、他人の心配をしながら、細い細い道を、誰も来ませんように、対向車が来ませんように・・・特に、大型トラックなど絶対来ませんようにと念じながら、東光寺に向かっています。

**

仏の慈愛に導かれ、脱輪することもなく、対向車におびえることもなく、いつもよくある、道に迷うこともなく、光明に導かれ、石の門中のある、ここから東光寺の境内に入る標識が見つかりました。

**

直ぐ側には辻地蔵が安置され、小さなお堂が建てられて、お地蔵さんの両脇には、花が生けられています。

こんなお堂をみると、この辺りの人達は、東光寺への帰依が厚いなぁと、気持ちが伝わってきます。

**

まっすぐ行くと、東光寺の山門があり、その右脇に駐車場がありました。

駐車場には、駐車してる車は一台もありません。 駐車場の山に近い端の方に、大きな切り株が集められています。 相当大きな切り株で、駐車場を拡張する為に伐採された木かもしれません。

**

さて、期待通り淡路を代表するような、紅葉は見られるでしょうか。 紅葉があっても、錦秋と言われるような、燃えるような、もみじの紅葉は始まっているのでしょうか? では、山門に行ってみます。

2011年11月3日(木)