こんなに、こんなにたくさん蟹が出るのですか?

こんなに、こんなにたくさん蟹が出るのですか? こんなに沢山、お料理が出るのですか? 孫と一緒のカニツアーin越前(9)

こんなに、こんなにたくさん蟹が出るのですか? こんなに沢山、お料理が出るのですか? と思いながら、こんなに沢山食べられました。

前菜が終わって、蟹料理です。 蟹味噌、焼き蟹、ゆで蟹など、蟹、蟹、蟹とズワイガニが続きます。

**

焼きたての焼き蟹が食べられるように、サービス係の女性が、部屋の隅でせっせと蟹を焼いてくれます。

**

きめ細かいサービスをする為に、蟹の焼き方についてのリクエストを尋ねられました。 牛肉と同じように、レア・ミディアム・ウェルダンです。  ミディアムくらいが一番美味しいですよというご案内がありました。

** **

U君とリッキー君は途中で食事を終えて、U君はまたDVDを見て遊んでいます。

**

蟹はやっぱり蟹味噌です。 大きな甲羅の中に、蟹味噌がこんなにいっぱい入っていました。

この蟹味噌を頂いた後、少し残ってる蟹味噌に日本酒を入れて、ひれ酒のように蟹酒を作っていました。 これはとても美味しくて、2・3杯頂きました。

**

茹で蟹は3杯あります。 こんなに大きな蟹です。 三国の蟹は、皇室に献上する献上蟹と言われています。 こんなに大きな厳選された蟹でした。

蟹のサイズは、値段と比例しています。 一番大きいサイズの、次のサイズだそうです。

蟹には、一匹ずつブランドを示すタグがつけられています。 このタグは管理されているので、勝手に別の蟹にこのタグをつけることは出来ません。 蟹の大きさは、重さ1.3㎏以上が、いわゆる献上ガニのサイズです。

**

こんなに綺麗な蟹です。 こんなに大きな蟹です。 こんなに美味しそうな蟹です。

**

また質問です。 この立派な蟹は、一人に一個ですか? 違います。 二人で一個です。

だったら、奇数の人数のお客様には、半分ということもあるのですか? それはありません。 奇数の人数の場合には、偶数値になるようにし、半分ということはありません。

**

でも、蟹の料金は人数分だけのお客様の請求になります。

すると、奇数でくるのが一番お得ですか? そうなんです。 3人で来ると、2匹で、3人分の請求なんです。 良いことを聴きました。 今回は、大人6人で偶数値でした。

**

蟹の美味しさは、外から見ると、蟹の殻についている、豆粒のような、ごまのような、付着物が多いほど、美味しい蟹だそうです。 こんなに、こんなに黒ごまが付いているようです。

**

タグは、産地のブランドを示すだけでなく、提供する旅館のタグもついていました。

**

リッキー君とU君が持ってみます。 まだちゃんと持つことができないので、それぞれのお母さんに抱っこしてもらって、前に持たせてもらいます。 並べてみると、蟹の甲羅の大きさは、二人の頭より、こんなにでかいことが分かります。

** **

U君の前に蟹を差し出すと、少し驚いているようでした。 こんな大きな蟹が生きて目の前に来たら、怖くて泣いてしまうかもしれません。

**

食事も中盤を過ぎると、望洋楼の女将さんが挨拶に来られました。

** **

サービスマーケティングを研究していたので、老舗旅館の女将さんと、サービスについて、いろいろお聞きしたいと思いました。 まず、こちらでは経営に、CS=ESの考えが導入されているか、気になりました。

次に、従業員のサービスマネージメントについても気になります。 それは、外部からコンサルタントが来ていることもあれば、経営者がサービスの研究をする場合もあります。

**

メインの蟹が終わると、口直しのおろし蕎麦、釜飯と味噌汁、デザートにアイスクリームとプリンが出ました。

**

こんなに蟹も沢山食べて、おなかもいっぱいになり、大満足の夕食でした。

2011年11月22日(火)