ビジネス競争の講演です。ビジネス競争は、競争戦略論で説明されます。ビジネス競争から、ビジネス協力を提言します。

ビジネス競争の講演です。ビジネス競争は、競争戦略論(マイケル・E・ポーター)で説明されます。メニコン60周年記念祝賀会(5)

ビジネス競争の講演をメニコンのセミナーでしています。ビジネス競争から、ビジネス協力へとゲーム理論で説明します。

これまで研究したことが、役に立ってきます。マーケティングの研究、顧客満足と従業員満足の研究、競争戦略論の研究などが、今日のセミナーの骨子になっています。

そもそも、コンタクトレンズ業界の歴史の中で、企業間のビジネス競争は、どのように展開してきたのか、1950年代のハードコンタクトレンズの時代から、1970年代のソフトコンタクトレンズの時代に進むにつれて、海外企業の参入もあり、国内企業間のビジネス競争だけでなく、海外企業とのビジネス競争も始まりました。

ビジネス競争では、経営理論をそのまま実務に持ち込んでも、融け合いません。むしろ、実務の方が現実に起きていることです。

遅れをとった国内企業の中で、メニコンはこれまでになかった、価格競争から定額会員制の新しい販売方法である「メルスプラン」を、考案し、価格競争に陥らない、安全・安心に繋がる販売方法で競争劣位を挽回しつつあります。

1990年代には、使い捨てレンズの登場があり、コンタクトレンズ市場は急成長しました。市場リーダーは、国内企業から国外企業へと移り、ビジネス競争は一層激化し、とうとう制度疲労を起こしてしまいました。

コンタクトレンズ業界は、他の業界と同じように、競争に明け暮れています。アメリカ流の経営戦略論も、その中身はビジネスの競争戦略です。

現実に起きていることを、経営理論で説明するだけでは、理論は役に立ちません。そうなると、理論的にこの先起きそうな事を、予測することも必要です。

適度な競争は必要ですが、過度なビジネスの競争は、むしろ、質の低下、サービスの低下を招き、長期的には、顧客満足に反することに繋がります。

そこで今日のセミナーは、長期的利得を求めて、「競争」から「協力」へ、いかに取り組んでいくか、過度なビジネス競争を回避することをテーマに選んでいます。

「尾張名古屋は城で持つ」と言われています。メニコン設立60周年行事は、ビジネス競争回避の講演ですべて終わりです。

知人から尾張名古屋のお土産に、川上屋のくり壱(栗きんとんを芯にした羊羹)を頂きました。

時間があれば、お腹が空いていれば、山本屋の味噌煮込みうどんを食べたかったのですが、名古屋から急ぎ神戸に帰り、残った仕事を片付けます。

 

2011年10月23日(日)