ここまで険しい道を、国道429号線をここまで、黒川温泉まで走ってきたので、ここからは、安全な道を選びます。

ここまで険しい道を、国道429号線を、黒川温泉まで脱輪することなく走ってきたので、ここからは、安全な道を選びます。  丹波市・朝来市へドライブ(5)

ここまで険しい道を、国道429号線を、大名草庵から黒川温泉まで脱輪することなく走ってきたので、ここからは、安全な道を選びます。

帰る道を考えます。 近い道は、来た通りを折り返すことです。 しかしそこには、あの恐怖の国道429号線の隘路が待っています。 もし対向車が来れば、どちらかが後すざりをして、悪ければ、ガードレールの無い道を越えて、谷底へ墜落というストーリーが待っています。

**

そこで、折り返しの道は見送って、ここまでの国道429号線をさらに播但連絡道の生野ランプを目指して進むことにします。 ここまでの道は途中に生野ダムがあります。

**

細い渓谷は少しずつ川幅が広まり、川の水が増えています。 台風15号の通過直後なので、圧倒的な水量が、川に瀬を作り、岩に撃ち当たり、白波を立てています。

**

ここまでの途中に、アマゴのつかみ場がありました。 都会の子供が、ここまでお父さんお母さんに連れられて、清流の中でアマゴのつかみ捕りなどをすれば、一生の思い出になるかもしれません。

**

ここまで来ると、素晴らしい渓谷です。 黒川渓谷です。

**

黒川渓谷をここまで過ぎると、川はせき止められ、ここからは、生野ダムになっています。

**

生野ダムでは、水量がここまで増しています。 生野ダムの水面には、船が浮かんでいました。

**

ここまでの生野ダムを過ぎると、ここからは、史跡生野銀山、生野鉱物館に向かいます。

2011年9月22日(木)