温泉施設:温泉施設には、泊まって、食べて、飲んで、芝居を見て、お風呂に入れる温泉施設があります。 (西脇健康ランド・ホテル)

温泉施設:温泉施設を利用すると、泊まって、食べて、飲んで、お芝居を観て、お風呂に入れます。日本のへそ西脇市(2)

温泉施設を利用して、泊まって、食べて、飲んで、お芝居を観て、お風呂に入るつもりでした。そうは行かないのが、行き当たりばったりの、日帰りドライブです。

**

このブログを読んでいる男性の方は、奥さんや女性の買い物に付き合うのは得意ですか?松葉博雄は、食材や食品を買う以外は、奥さんの買い物には着いていきません。食材は、一緒に行っていても、興味が沸きます。

**

お昼を頂いたあと、「Aコープにしわき」へ、食材の調達へ行きます。地元のスーパーで、新鮮な食材を探します。

**

食材の選択権は奥さんにあるので、松葉博雄はデジカメを持って市場調査をしたり、美味しそうなものがあったら、奥さんに購入を勧めたりしています。

**

一般的に男性は、奥さんの買い物に付き合うのが苦手な人が多いようです。

松葉博雄の場合、忙しい奥さんの食材調達の時間は、定休日にしかないことと、その後の美味しい朝ご飯や晩ご飯の為なので、日帰りツアーでの食材調達は、ツアーの中に含まれています。

**

スイカが欲しいと思っても、一玉では、食べきれないし、奉仕品のあゆを見つけても、帰りに長谷川食品で、購入予定だし、天然鯛を買おうと思っても、クーラーボックスを持って来ていないので、ちょっとこの暑さでは心配です。

**

今年も、青梅の季節になりました。青梅を買って漬けたいのですが、これまでの梅酒がたくさん残っています。

奥さんが買い物の間は、松葉博雄は、市場調査をし、ブログの写真を写しているのです。あまり熱心に写真を撮りすぎると、店長さんから、同業者と間違えて注意を受けることもあるので、あまり刺激しないように写しています。

**

Aコープの脇には、地元の生産者が持ち込む、ファーマーズマーケット「ふれすこ」があり、ふれすこでは、道の駅のように、生産者が分かる販売方法をしています。

**

店頭で精米販売もしています。東日本大震災直後では、お米を関西地方や神戸地方から送る人が多く、一時品薄状態になっていました。

**

美味しそうな鯖寿司がありました。鯖の肉付きもよく、分厚めの鯖寿司で、1,260円です。またもやクーラーボックスがあれば、鯖寿司を買って帰るのに・・・と、後悔しています。

**

奥さんは、漬け物用のきゅうり、茄子、青瓜が買えて、嬉しそうです。

**

トマトは、完熟に近い熟れ方で、生産者と購入者の距離が近いことが分かります。流通ルートが長い場合、まだ青いトマトを収穫して、お店に並んで購入者が手に取るとき、やや熟れかかって、冷蔵庫に置いているうちに赤くなってくるという時間を計算した、青いトマトが中心です。

**

隣には、グリーンコープがあります。真夏のように晴れ渡ったお天気の下で、グリーンコープに行ってみると、アスファルトの照り返しがムンムンと暑く感じました。

**

今年流行の省熱用の、緑のカーテンを作る蔓ものの、キュウリ、ゴーヤ、ヘチマなどを、グリーンコープではオススメしています。

**

目に着くのはハイビスカスです。ハイビスカスの鉢を買って帰りたいと思いました。しかし、一夏超えると部屋の中に入れて、部屋に入れると、虫が部屋に飛んで、ハイビスカスの室内養生は大変なのです。

**

Aコープにまた戻って、奥さんを捜していると、奥さんは、お肉屋さんの前で止まって、お肉を買っていました。

瞬間、大丈夫かなと思いました。それは、この炎天下で、クーラーボックスなしで、お肉を車の中に入れて、日帰りドライブをしていると、お肉はいたんでしまうからです。

**

仕方がないので、Aコープの裏手に回り、発泡スチロールの小さな箱をお店の方から頂いてきて、発泡スチロールの箱をクーラーボックスにして、氷をたくさんもらい、その中にお肉や冷蔵品を入れることにしました。

**

このように、今一番必要なものを、どこからか調達して、ちゃんと食品の新鮮さを保つ行動に対して、奥さんは、いつもエライねと評価してくれます。

食料調達の後は、温泉です。「西脇健康ランドホテル」へやって来ました。

**

西脇健康ランド・ホテルでは、大衆演劇の公演を定期的にしているようです。大衆演劇の役者のポスターが貼られています。

**

入泉料金は、大人2,100円です。11種類のお湯が楽しめ、カルシウム、ナトリウムなどが含まれたお湯で、神経痛や関節痛、冷え性、疲労回復などに効果のある温泉だそうです。

**

しかし、入泉料金2,100円を見て、松葉博雄の奥さんは、後ずさりをして、帰ろうと言っています。

日帰り温泉に行くと、普通は、700円くらいです。入泉料700円に慣れると、2,100円は、つい、もったいない価格に見えてしまいます。

**

松葉博雄は、西脇健康ランドに泊まって、宿泊料7,100円を払えば、入浴はフリーなので、泊まって、お湯に入って、大衆演劇を見れば、もとはとれるのではないかと思いました。

誤算があったのは、今日は、都合により自宅に帰らないといけない理由がありました。入泉料2,100円のポスターの前で、西脇健康ランドをUターンします。

2011年6月23日(木)