収穫出来て良かった 淡路市大磯のみかん 栽培のポイントがいくつかあるのです

投稿No:9622

収穫出来て良かった 淡路市大磯のみかん 栽培のポイントがいくつかあるのです 大磯の自宅のみかんが立派な実をつけました 栽培のポイントがいくつかあるのです

大磯の自宅のみかんが

立派なみかんの実をつけたので、収穫しました。

海に面して、温暖な土地は、柑橘類が育ちます。

淡路島も、みかんの栽培が盛んな地域です。

庭に植えている柑橘類は、

温州ミカン、レモン、柚子,八朔、きんかんです。

ミカン類は、庭を広げたときに、移植した木です。

移植すると、木に負担が大きくかかり、

以前のようにたくさんの実をつけません。

移植した当時、たくさんの実をつけるように

回復して欲しいと思う願いを込めて

木に肥料を何度も施し、お世話を頑張りました。

おいしいみかんを育てる上で、

4つの因子があります。

①日射量 ②気温、③降雨量 ④土質です。

みかん栽培の基本は気候です。

①.日射量

みかんは植物ですので、

光合成によって養分を作り出します。

光合成には日光が不可欠です。

葉が茂りすぎて、影ができると陽が当たらなくなります。

風通しを良くして、

万遍なく日が当たることが重要だそうです。

木と木の間に、間隔が必要なので

庭が広がった折に、ミカンの木を移植しました。

日当たりの良いところでは光合成が

活発に行われるため

より多くの養分を作り出すことができます。

葉で作り出した養分がたっぷり

実にいきわたることでおいしいみかんが出来上がります。

長い時間、まんべんなく

いろいろな葉に光が当たることが重要になります。

② 気温

日本土壌協会の資料によると年平均気温が15℃~17℃、

最低気温が-8℃以下にならないことが

みかんが育つための条件と言われています。

気温が低いところではみかんの酸味が残ってしまうため

おいしいみかんはできませんし、

低すぎると木が枯れてしまいます。

また逆に気温が高すぎても、みかんに浮皮が発生しますし、

木になかなか実がつかなくなってしまいます。

年間平均気温17度ぐらいの温暖な気候

また夜に気温が下がりすぎないことが

おいしいみかんを作るうえでの基本的な条件となります。

③ 降雨量

愛媛大学の論文によるとクエン酸、

糖分含有量は同産地で相対的に

降雨量が少ない年の方が高い数値を示したため、

美味しいみかんには

適度な乾燥ストレスが必要だと推察できます。

みかんの成長には水が欠かせませんが、

おいしいみかんを作るには

水を吸収しすぎるのもよくありません。

水をたくさん吸うと、

水っぽいみかんになってしまって、

糖度の低いみかんになってしまいます。

④ 土質

日本土壌協会によると土質は水はけが良く、

乾燥期は保水性が高い土壌で

小石と粘土を適度に含む土壌がいいと言います。

雨が降っても水がとどまってしまわない

水はけのよさが重要となります。

そして、当然育てたみかんは出荷しないといけないので、

交通の便が良い立地に

みかん畑を設けることが重要とも言われています。

資料出典 宙畑HP

おいしいみかんができる場所

そんなおいしいみかんができる条件を

満たす場所はどんな場所なのか。

それは「太平洋側の海が見える南向きの急傾斜地」です。

なぜそんな場所がよいのか。

①南向きの急傾斜地であること

②太平洋側の海が見えること

の2つのポイントがあります。

 

資料出典 藤原農園HP

①南向きの急傾斜地であること

太陽は東から昇って南の空を通って西に沈んでいきます。

北を向いている斜面よりも南向きの方が、

より多くの太陽光を浴びることができます。

また平坦地と傾斜地で比べると、

傾斜地の方がより立体的に木に光が入るので、

太陽光を効率よく浴びることができます。

なので南向きの急傾斜地では

たくさんの太陽を浴びることができるため、

おいしいみかんができやすくなります。

さらに急傾斜地では雨が降っても

土壌の水分がすぐに流れていくため、

非常に水はけがよくなります。

②太平洋側の海が見える場所

海が近いほど気温差は小さくなり、

離れるほど気温差は大きくなります。

海が近いと昼夜の温度差が小さくなるので、

みかんにとって良い環境となります

またさらに、海が近いと、海水面からの反射によって

より太陽光を効率よく浴びることができます。

太平洋側が適しているのは、

日本海側では気温が低すぎるためです。

出典 藤原農園HP

数年前、沢山の実をつけるように

回復して欲しいと思い、

適切な時期に肥料を与え、大切に育ててきました。

手を掛けた分、これに応えるように

たくさん収穫できるまで、実がなりました。

収獲後は肥料を。

収穫が終わると、お礼肥(秋肥)として

着果負担で低下した樹勢の回復、

耐寒性の向上、翌年春の発芽と開花の準備などの理由で

肥料がとても重量になります。

こんなにもたくさん収穫させてくれたお礼として、

しっかりと肥料をやって、

来年の収穫まで、大切に育てていこうと思います。

みかん 関連記事 アーカイブ

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください