最先端の新しい検眼機 VISON-R800のデモンストレーション

投稿No:9585

最先端の新しい検眼機 VISON-R800 のデモンストレーション 導入するかどうか試してみます、勉強会も開催です

ビジョンレフラクタVR800

ビジョンレフラクタVR800は最新式の検眼機で、

従来の検眼機は視力の幅が0.25ステップだったものを、

VISON-R800は25倍となる0.01の精度で度数を設定して、

誤差のないレンズを作成することができる機械です。

使用感の良さだけでなく、眼を保護し、

歪みのない視界を確保できる、

かけている事を忘れるような

”自然な見え心地”のメガネを

お客様に提供したいという思いから、試験中です。

眼に合わないメガネやコンタクトを使うと

よく見えないだけでなく、

眼に余計な負担をかけてしまい、

眼精疲労の原因になります。

眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・

充血などの目の症状や、

頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、

休息や睡眠をとっても十分に

回復しえない状態になってしまいます。

(参考:日本眼科学会

VISON-R800の特徴としては

測定の際、レンズの交換はなく、

シームレスにレンズ度数を切り替えることができます。

また、最良視力最弱度数を

0.01Dステップで表示することができ、

最大7種類の度数をメモリーすることができます。

そして、球面度数+乱視軸+乱視度数を

組み合わせて測定する

ことができ、風景チャートで

見え心地を比較することができます。

新しい機器のデモンストレーション

機器のデモンストレーションには

トプコン・エシロールジャパン

西井佑太さんが行ってくれました。

実際に機器に触り、

概要の説明をしてくださっています。

最先端の機器に、スタッフも興味津々です。

機器の使用に伴う、勉強会を開催

お客様に正しく適切な説明や検査、

そしてメガネを提供できるように、

必ず勉強会を開催しています。

今回講師を務めてくださったのは、

ニコン・エシロールの平 直人さんです。

店舗が営業中のため、スタッフの分散から、

何回にも分けて勉強会を行ってくださいました。

新検眼機のVISON-R800を使用し

精密に検眼し、さらに品質のよい

ニコンのレンズを使用することにより、

乱視や遠近両用など、様々な視力の方に

理想的な見え心地のメガネを

提供することができます。

勉強会 関連記事 アーカイブ