デリーゴジャパン 松井保徳 所長代理と、加古圭介 課長代理 メガネの商談

投稿No:9497

デリーゴジャパン(株)の松井保徳 所長代理と、加古圭介 課長代理がメガネの商談で来社されました。

デリーゴジャパンとは

イタリア のアイウェアメーカー「デリーゴ社」の日本法人です。

ハウスブランド「ポリス(POLICE)」を始め、

Lozza(ロッツァ)」「フルラ(FURLA)」「トゥミ(TUMI)」

「ランバン(LANVIN)」などのブランドを取り扱っています。

来社してくださったのは

大阪営業所の

松井保徳 所長代理と、加古圭介 課長代理です。

たくさんのメガネフレームをお持ちいただき、

新製品や、限定品の紹介をしていただきました。

日本はデリーゴ全体の売り上げの6%を占める重要な市場ながら、

2020年12月期はコロナの影響で

イタリア本社と同様に20%以上の減収だったそうです。

対策として取り組んでいることは、営業の組織改革だそうです。

ポイントはDXを導入しながら、

マネージメントやマーケティングを連動して

市場とコミュニケートしていくしくみを変えることだそうです。

日本における独占販売代理契約を結んだ

ドイツの「ローデンストック(RODENSTOCK)」と

「ポルシェデザイン(PORSCHE DESIGN)」があります。

『ポリス』はまだ成長できるポテンシャルがあり、

さらなる拡大を目指すという共通認識を持っています。

また『ローデンストック』とのパートナーシップのおかげで、

ミドル&ハイセグメントのブランドを取り扱う

眼鏡小売り店との取引も増えているそうです。

「ポリス」や「フルラ」の2万円代の商品は健闘しています。

全般的に高価格帯の売れ行きが鈍いようです。

2022年9月23日(金)

メガネ 関連記事 アーカイブ

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください