【光ストレス対策レンズ】紫外線・ブルーライト対策には ニコン「ピュアブルーUV」「トランジションズ」がおすすめ さんプラザコンタクトレンズ メガネ店

投稿No:9054

さんプラザコンタクトレンズ メガネ店 【光ストレス対策レンズ】Nikon「ピュアブルーUV」「トランジションズ」がおすすめです

光ストレス対策

私達の目は、太陽光やデジタルデバイス

(スマホやパソコンなど)などから

紫外線・ブルーライトによる光ストレスを受けています。

それらの光ストレスが蓄積することで、

知らず知らずのうちに大切な目に悪影響を与えている場合があります。

目の異常に気付いてからでは、症状が進行していることが多く、

そのため光ストレス対策が必要とされています。

光ストレスとその悪影響について

主な光ストレスは2種類に分けられます。

①蓄積型光ストレス⇒紫外線、ブルーライト

その時はまぶしいとは感じないもの

=パソコン・スマホからのブルーライトなどからも

知らず知らずのうちに目へのストレスは蓄積します。

②不快と感じる光ストレス⇒まぶしさ

私たちは強い光=まぶしさに対して

知らず知らずのうちに瞳孔(どうこう)が収縮したり

目を細めたりする「防御反応」をします。

その時に不快と感じること=まぶしさが光ストレスとなります。

~光ストレスからくる悪影響~

その結果、水晶体が濁ることが原因の白内障や

網膜の中心部である黄斑に障害が生じることが原因となる

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)、

ドライアイなどへの影響があるといわれています。

おすすめの光ストレス対策

日常から太陽光から感じるまぶしさはもちろん、

光を感じにくいブルーライトなどの

光ストレスから目を保護することが大切です。

そのために紫外線やブルーライトを

カットする機能のあるメガネやサングラス、

コンタクトレンズなどの着用をすることをおすすめします。

おすすめ光ストレス対策レンズ 黄ばみのないクリアレンズ ①ニコン ピュアブルーUV

従来のブルーライトカットレンズには

黄ばみ=老けて見られたり、視界が悪くなる原因があり、

マイナスイメージがありました。

しかしニコンの「ピュアブルーUV」は

黄ばみが無く無色のクリアレンズです。

紫外線やブルーライトを含む光を光ストレスフィルターにより

  • 紫外線400㎚まで100%カット
  • ナチュラルブルーライト
  • (主に太陽を光源とする紫外線に近い高エネルギー可視光線)を約80%カット

することができます。

~ピュアブルーUVを店頭で体験できます!~

向かって右側が一般的な無色レンズです。

左側がピュアブルーUVのレンズです。

ブルーライトを照射すると、

ピュアブルーUVはブルーライトをしっかりとカットしているのがわかります。

▶ニコン ピュアブルーUV

おすすめ光ストレス対策レンズ ②ニコン トランジションズ

室内ではクリアなレンズに、

室外は着色し、サングラスに色が変化するレンズです。

UV・ブルーライト・まぶしさなどの光ストレスから目を守ります。

自然に色が変わるため、

外でサングラスに付け替える必要がありません。

1本でメガネ・サングラスの両方を実現した調光レンズです。

また、カラーバリエーションも豊富です。

(グレー・ブラウン・エメラルドグリーン・アンバーブラウン・アメジストパープル・サファイヤブルー)

~トランジションズを店頭で体験できます!~

ボタンを押すとUVランプが点灯します。

徐々にレンズの色が変化していきます。

ニコン トランジションズ

松葉眼科の基本理念は

「視力の回復」「失明の予防」「治療の実践」です。

この基本理念に沿って、コンタクトレンズだけでなく、

眼鏡も視力回復の一つの手段として捉えています。

ドクターメガネ

このような理念の下で、眼鏡においても

眼科を専門とする医師が指導するメガネ店として、

さんプラザコンタクトレンズ メガネ店は

『ドクターメガネ』を志向しています。

眼科専門医の診断や相談をもとに、専門性の高い技術者によって、

安心した眼鏡を提供することで、

解決のお手伝いをすることができます。

メガネに関するお悩みやご相談などはお気軽にお問い合わせください。

▶さんプラザコンタクトレレンズ メガネ店

NIKON 関連記事 アーカイブ

 

2021年7月16日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください