人間国宝 鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう) 新内の世界 鶴賀 伊勢隆太夫 と 鶴賀 伊勢松葉Part1

新内の世界

松葉博雄の古典芸能研究は、新内の世界へと向かいました。

今回紹介する新内のお師匠さんは、

人間国宝 鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)師匠です。

師匠には さんプラザコンタクトレンズの眼鏡部で、メガネを作成購入していただいている顧客でもあります。

お稽古をしている時に愛用していただいています。

岡山県の津山市にあるグリーンヒルズ津山リージョンセンター ペンタホールにて、公演がありました。

主催は(財)津山文化振興財団、後援は津山市および津山市教育委員会です。

新内の演目は

一.新内のお話と「らん蝶」 鶴賀 若狭掾

一.酔月情話-大川端-   鶴賀 伊勢隆太夫  鶴賀 伊勢松葉

一.新内「十三夜」     

     浄瑠璃:鶴賀 若狭掾 三味線:鶴賀喜代寿郎 

    上調子:鶴賀 伊勢次郎

一.新内流し

鶴賀 伊勢隆太夫 と 鶴賀 伊勢松葉

酔月情話を演ずる鶴賀 伊勢隆太夫と鶴賀 伊勢松葉は、私の義兄と姉の夫婦です。

どちらも開業医です。毎日の診療の忙しい中で、 二人は若狭掾師匠に師事し、今では名取を許され、今日の舞台では酔月情話を演じました。

舞台の前の最後のお稽古

楽屋を訪ねてみると、師匠より舞台の前の最後のお稽古をつけていただいているところでした。私も今日の公演のお祝いを述べました。

師匠からはおめでたい寿として、鶴賀流十一代目家元 鶴賀 若狭掾の日本手ぬぐいをいただきました。

古典芸能の奥は深く、人間国宝となると声の艶、張り、高低などは素人の私にも上手さがわかりました。

伝統芸能は後継者不足

新内は古典芸能ですが、一面、伝統芸能の持つ後継者不足に悩んでいます。

三味線を習う人は少なく、新内を唄う人は更に少なく、希少動物のように保護しないと、まさに絶滅種目になり兼ねないという状況を師匠がわかりやすく観客に向かって話してくれました。

江戸情緒

最後の新内流しの演目では師匠のトークがあり、舞台から降りて観客席に三味線を弾きながら流す様子を演じて、少しだけ江戸情緒を味わう事ができました。

鶴賀 若狭掾師匠の後について伊勢松葉が三味線を弾きながら新内流しをしました。

歩きながら三味線を弾くことはとても難しいそうで、ギターのように背中にバンドをかけて歩くのではなくて、三味線を身体に押しつけて弾くのですから、難しいことはわかります。

頭には日本手ぬぐいを折って、吉原冠り(よしはらかむり)という新内流し独特の姿をします。

敦賀若狭掾 関連記事 アーカイブ