珊瑚を踏まないで!珊瑚礁を守って下さい。八重干瀬(やびじ)に現れる珊瑚の群生

珊瑚を踏むのは、反対です。美しい宮古の珊瑚を、八重干瀬(やびじ)に現れる珊瑚の群生を、踏まないで!

珊瑚を踏み荒らさないで下さい。

八重干瀬は、沖縄県宮古島の北方、池間島の北約5~22kmに位置し、南北約17km、東西約6.5kmにわたって広がる広大なサンゴ礁です。

宮古島の地元自治体では「やびじ」を正式な呼称としているが、「やえびし」とも呼ばれています。

1年に1度大きく潮が引いた時、わずかの間水面に美しい姿を見せてくれる日があります。

旧暦の3月3日の「八重干瀬まつり」という、2日間だけ限定で日本最大のサンゴ礁群「八重干瀬(やびじ)」というの幻の大陸に上陸できるフェリーツアーがありました。

松葉博雄は、はやて海運の船に乗り、八重干瀬祭に参加してみました。その時に見た光景は、はやて海運の船員さんが、船を止めるのに、珊瑚礁にイカリを繋ぎ、テーブル珊瑚を踏みいじり、沢山の珊瑚がボキボキと音を立てて、壊れていく姿です。

まるで、熱帯雨林にチェーンソーを使って、巨木を伐採するように、再生するには今後何百年もかかりそうな、珊瑚を破壊する、行動です。

あれを見て、珊瑚を踏みにじる、八重干瀬祭には、行きたくなくなりました。珊瑚を虐殺するような、八重干瀬祭には、宮古島市の保護が必要ではないかと感じました。

遠く沖縄の南の果てに静かに眠る珊瑚礁。

(2004年5月)

※八重干瀬は2013年に天然記念物に指定され、2014年を最後に惜しまれながら終了してしまったそうです。

2004年05月05日