社員と祝う 奥さんの誕生祝い サプライズのある誕生祝

社員と祝う 奥さんの誕生祝い 

社員と祝う 奥さんの誕生祝い 

2月のバレンタインデーが終わると、次は誕生会のお祝いです。

当たり前のことですが、毎年同じようなことが繰り返されます。

お誕生日は不思議なもので、自分自身はお誕生日を嬉しいと思うよりは、

自分の誕生日を周りの人が覚えてくれているかどうか

、意識くれているかどうかが、大きな判断となります。

誕生祝

アメリカの映画などに出てくるのは、さっきまで知らん顔していた人たちが、

突然電気が消えて、

電気がついた時には沢山の人が

「お誕生日おめでとう」と集まってくるサプライズ性がうけるようです。

誕生祝

つまり、私のことちゃんと知ってるんやろか?と、

少し不安にならせておいて、ちゃんと知ってますよ、

と意外性を演出するサプライズです。

誕生祝

今年のサプライズは遠く離れた横浜の、

友人塩見さんがお祝いにやってきたことです。

誰がサプライズしたのかと言えば、実は本人よりも周囲の人たちです。

このサプライズの期待値が高くなると、

このサプライズに応えるパフォーマンスも年々と難しくなるのではないでしょうか。

誕生祝

家族の場合は、今さら驚かすなんて中々出来ないことです。

ちゃんと家族なら知っていることだし、

よっぽど知らん顔してて後ろから脅かすように演出しないと難しいと思います。

誕生祝

もう一つの今年のサプライズは、

美しいバラの花や花束が沢山届いたことです。

社長をはじめ、従業員のみなさんからもお祝いのお花を沢山いただきました。

誕生祝

メーカー2社からも、お祝いが届きました。

とても嬉しい一日であったとの本人からのコメントがありました。