任慧さんご夫妻の結婚祝い

任慧さんご夫妻

任慧さんご夫妻と食事会です。

以前神戸商大の大学院で一緒に学んだ留学生の任さんご夫妻から、三宮の「東荘」で会食のご招待を頂きました。

01 01

任慧さんは商大の大学院を卒業後、一旦貿易会社に就職しました。今はさらにビジネスの修行のため、貿易と国際的なビジネスに必要な英語の勉強をしようと、短期留学を目指しています。

最近結婚されました。奥様は以前から私も面識のある女性で、神戸商科大学を卒業した留学生の方です。美人でいつも笑顔で接してくれます。

私にとってラッキーなのは、任さんとこの先も長い友好関係を続ける時に、パートナーの任さんの奥さんが、勝手知ったる仲であり、しかも商大につながり、日本語もペラペラであることです。さらにお二人とも神戸の街が大好きで、お二人の縁も神戸の街でつながったことです。

東荘

この日の会食は、二人の結婚のお祝いと、これから留学に向かって日本を離れることのお祝いと、励ましの意味でした。嬉しかったことは任さんご夫妻が私と妻に、これまでの厚情を謝して一席を設けてくれたことです。

任さんご夫妻は私と家内をご招待して、何の料理にしようかと深く考えた結果、和食を選びました。インターネットで探して三宮の江戸町(旧居留地)にある東荘を選びました。ここでのお料理は懐石コースでした。次々と和風の創作料理が出て、一品一品は少量ですがビールも一緒にいただいているうちに途中でお腹がいっぱいになりました。

商大での思い出、任さんと行った中国への視察旅行、さらに、お二人の仲の良いお話などで、ごちそうさまでした。

会席のあと、同じ江戸町にある私の研究室に寄っていただきました。

03 04
05 06

以前、任さんから聞いた話を思い出しました。日本に留学のために来た初期の頃の話です。

中国の大学を卒業し、北京で貿易会社に就職したあと、もっと経営学の勉強をしたいと思い日本に留学しました。

北陸のある町で日本語を学びながら働いていた頃、雪の道でバイクが動かなくなり、15分で帰られるところを、バイクを手で押して1時間半もかけて帰宅した寒い道の中で、

「今日は僕の誕生日だから、中国にいたら周囲の人から誕生日の祝福を受け、楽な日々を送っているのに、どうして今僕はここにいるのだろうか。そうだ僕は日本にビジネスを学びに来たのだ。だから将来に向けて頑張ろう」

という気持ちを忘れないでおこう、と聞いた感動的な話です。

話は弾み、夜はふけていき、明日の仕事もあるので名残を惜しみつつ任さんご夫妻と阪急電車に向かい途中まで一緒に帰りました。

今はインターネットの時代なので、これからもお二人からメールが届くことを期待して待っています。頑張ってください。

2004年9月