あの日を忘れない 追悼 阪神淡路大震災 「祈りのともしび」祈念のキャンドル

投稿No:8871

あの日を忘れない 追悼 阪神淡路大震災 「祈りのともしび」祈念のキャンドル

あの日を忘れない 追悼 阪神淡路大震災

1月17日が近づいてきました。

毎年、1月17日の阪神淡路大震災の震災の日には、

三宮の東遊園地で行われる震災追悼集会に参加してきました。

2021年は、兵庫県はコロナ感染の非常事態宣言で

例年のような追悼式は自粛されるようです。

記念モニュメントには、エターナルファイアーが燃え続けています。

「希望の灯り」です。

ローソクのあかりの意味とは。

ローソクのあかりが創る、感謝・祈り・供養

亡き人への感謝と祈りと供養の気持ちを、

ローソクの揺らめきが「ぬくもりとやさしさ」で伝える特別な時間。

ローソクのあかりにしか創りだせない時間軸は、

ゆっくり、そしておだやかな時を刻み人々の気持ちを癒します。

本物のあかりの意味を知り、ローソクのあかりの意味を伝え、

宗教問わず感謝を伝え続けていきたい。

愛しき人への永遠なる想いをローソクと共に・・・。

震災追悼の日にキャンドルを差し上げる

毎年、1月17日が来るたびに震災の日のことがありありと思い出されます。

震災後の復興の大変な時期を乗り越え、こうして今、同じ場所で

お客様をお迎えし続けていられることには、深い感慨があります。

その感謝を込めて、1月17日には、

ご来店くださったお客様にキャンドルをプレゼントすることになりました。

春の色合いのキャンドル

まだまだ厳しい寒さが続き、東北や北陸では過去にないほどの大雪が降り、被害が拡大しています。

自衛隊に支援要請をしなければならないほどの大雪です。

予想の範疇をはるかに超える自然災害が、本当に増えました。

大雪で罹災された東北・北陸地方の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

阪神淡路大震災のときも、神戸の市街地でも雪がちらつくような寒い日が続いていました。

何年経っても、普段は思い出すことが少なくなってきても、

1月17日には、やはりあの日のことを思い出さなくてはいけないと思います。

季節とはうらはらに、春らしい明るい色のキャンドルをご用意しました。

コロナによる緊急事態宣言が、再び11都府県を対象に発令されました。

まだまだ、ワクチンが全国民にいきわたるのも先の話です。

そのような状況でも、ご来店いただいたお客様へは、

来て良かったと思っていただけるよう、

従業員一同笑顔でお迎えをしております。

さんプラザコンタクトレンズのマスコット犬、りんりんのシールをひとつひとつに貼りました。

それぞれの追悼の想いをともして

阪神淡路大震災がまるで引き金でもあったかのように、

その後各地で大きな地震が起こり、深い爪痕を残しています。

未だ復興が落ち着かない地域もあります。

衝撃が走るほどの甚大な被害を出した地震でも、

年月とともにその記憶はやはり薄れていきます。

阪神淡路大震災も発生から26年目となり、神戸の街も再興され、ずいぶんと様変わりしました。

昨年末はコロナの影響で「ルミナリエ」が中止になり、

追悼は1月17日の祈念セレモニーだけですが、

それもまた、今年は自粛で規模を縮小しての開催になります。

明るい色のキャンドルに火を灯して震災の追悼をするとともに、

春へ向けて明るい展望を持てるようにお祈りしたいと思います。

関連記事 阪神淡路大震災 アーカイブ

2021年1月12日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください