月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

愛情一杯の椎茸昆布は、椎茸の嫌いな子供でも、進んで食べるほどの絶品の椎茸昆布です。

投稿No:7931

椎茸昆布を作るのに4時間かかりました。瓶詰めにして身近な人に配ると大好評でした。 猛烈な暑さが終わり、台風が来る度に気温は少しずつ下がってきました。 気温が下がってくると食欲も回復してきて、夏バテを回... 

まつたけ、鮎はどうして消えたのか?広島空港の近くの里山は、子供のころは松茸が生える松林でした。今は孟宗竹が生い茂る竹藪になってしまいました。

投稿No:7837

広島空港の周辺の里山は、幼いころは広島産の松茸の採れる地域でしたが、山からは松茸が消え、川からは天然鮎が消えてしまいました。 お墓参りに来ています。 東広島市の広島空港の近くは、私が子どもの頃は松茸が... 

淡路市生田村田尻川にホタルの宿がありました。蛍の宿は、ホタルカフェの近くです。

投稿No:7835

ホタルカフェは、水車小屋があるカフェです。オーナーは福島淳さんと福島由美さんご夫妻です。 淡路市でホタルを見るなら生田村です。 生田村にはそばカフェがあって、外が暗くなってホタルが見える頃までの間、ホ... 

道の駅たけはらで、カワハギの薄造りを買って、近くの公園で食べました。

竹原通れば竹だらけ。街路樹も竹、道の駅たけはらでも破竹を売っていました。 竹原市の道の駅たけはらは、私のお気に入りの道の駅の一つです。 竹原港のそばに有り、海の香りがする道の駅です。 竹原の街は、NH... 

露天神社で、お初と徳兵衛の曾根崎心中物語を思い出しました。

曾根崎心中の舞台となった露天神社(つゆのてんじんじゃ)の境内の周りは、今では飲食店を中心に大変な賑わいの場所になっています。 大阪駅の近くの曾根崎新地辺りを奧さんと二人で歩いていると、このあたりには、... 

大阪天満の長池昆布 天野元次郎社長へTV朝日が番組「LIFE」の取材中でした。

長池昆布とは 長池昆布は慶応元年(1864年)大阪西天満で創業しました。 以来大量販売を嫌い自分で作った商品を自分で売っているお店です。 原料には昆布の王様といわれる天然の真昆布、「道南産天然真昆布」...