神戸の社長/社長の生活 日帰りツアー(神戸から):カテゴリー・アーカイブ

露天神社で、お初と徳兵衛の曾根崎心中物語を思い出しました。

曾根崎心中の舞台となった露天神社(つゆのてんじんじゃ)の境内の周りは、今では飲食店を中心に大変な賑わいの場所になっていま(>続きを読む)

大阪天満の長池昆布に入ると、天野元次郎社長へTV朝日が番組「

大阪の老舗昆布店と言えば、小倉屋、神宗、おきな昆布と、天満の長池昆布店です。 昆布が好きなんです。松茸昆布や、松の葉昆布(>続きを読む)

正起で新鮮な鮎料理を頂きました。

プロが焼く鮎と、素人が焼く鮎は、出来上がりが全然違います。プロが焼くと、見事な出来上がりです。 揖保川の鮎は、夏の日を浴(>続きを読む)

淡路市から、ぶどうを普通便の宅配で送ると、翌日にはぶどうが房

淡路市の正置農園では、8月下旬になると、ピオーネは最終出荷時期になっています。ピオーネの糖度は最盛期の方が甘いように感じ(>続きを読む)

淡路市育波の金﨑農園のいちじくは、9月に入ると熟してきます。

金崎農園のいちじくは、鳥と獣に狙われています。人の窃盗にも、気を付けなければなりません。 お盆が来る前に、金﨑農園のいち(>続きを読む)

摩耶山天上寺には、仏陀の生母、摩耶夫人が祀られています。

現代の仏教は仏教の開祖である仏陀を礼拝しなくなっています。これには違和感を感じます。 お盆も近づいて来たので、摩耶山の天(>続きを読む)

篠山の黒豆の館では、田舎バイキングをしています。肉の文では、

肉の文で見た、TERAOKAの自動精算機は、1台およそ300万円もするそうです。 篠山市の買い物ツアーが終わると、次はど(>続きを読む)

猪肉専門店山門(さんもん)の大前修一さんにお願いして、鮎の塩

大前修一さんは、冬は猪を使った牡丹鍋です。お店は山門です。夏は、川魚を使った淡水魚ささやまです。丹波篠山(2) 丹波篠山(>続きを読む)

滝のように騒がしい蝉の声と、ガス管工事の騒音で、家に居られま

篠山市の味土里館で、夏野菜と果物を買いました。いずれも安くて助かります。 丹波篠山(1) 蝉の鳴き声が、滝の水が流れるよ(>続きを読む)

鳴門市のきたなだ海の駅では、殻付き牡蠣を炉端で焼いています。

きたなだ道の駅には、活魚水槽があり、沢山の深海魚が水槽に浮かんでいました。 琴林公園で松原うどんを食べ、その後、津田の松(>続きを読む)

1 2 3 4 5 6 85