鈴虫の幼虫を飼育します。鈴虫の幼虫が2cmくらいになると、成虫になって鳴き始めます。

鈴虫の幼虫は、小さなアリの大きさくらいで、飼育箱のどこにいるのか、はっきりとは分かりません。

ひょんなことで、鈴虫の幼虫を飼育することになりました。

これでまた、扶養家族が増えます。

きっかけは、あるお店に入った時に見た、「鈴虫の幼虫をもらってください」という張り紙です。

そこで、「鈴虫を頂けるのですか?」と尋ねると、

「是非持って帰って育てて下さい。うちでは、沢山の幼虫がいて、多すぎて困ってるんです」

という話です。

写真にあるように、鈴虫の幼虫は、大きさがまるでアリの様な小さな大きさです。

鈴虫を頂いた時には、ビニール袋に入れて渡してくれました。

これから鈴虫の幼虫を飼育するとなると、鈴虫が成長しやすいように、飼育箱を用意する必要があります。

思い浮かんだのは、メダカの飼育に使っていた、飼育箱を流用することです。

丁度、水漏れがするメダカの飼育箱があったので、これを使います。

床に敷く土ですが、何か適当な土はないかと考えて、思い浮かんだのは、園芸用の土です。

園芸用の土を、金網のざるに入れて、下からガスコンロの火で加熱して、園芸用の土を殺菌しました。

殺菌しておかないと、病虫害が発生する心配があるからです。

園芸用の土を鈴虫の飼育箱に敷き詰めると、鈴虫がどこにいるのか分からないくらい、園芸用の土と鈴虫が同じ色になってしまいました。

次は、鈴虫の餌です。

これも、メダカの餌を流用します。

生まれたばかりのメダカにあげる餌は、ミキサーですりつぶした細かい粒です。

これなら、鈴虫の幼虫の口にも合いそうです。

合わせて、メダカにあげる為に用意していた鰹節のけずり粉も、粒子が小さいので、鈴虫の幼虫の餌に使います。

餌は、料理用の銀紙の上に置いておきます。

次に、生野菜です。

キュウリとナスを切って、飼育箱の端に立てかけておきました。

何カ所にも分けておかないと、鈴虫同士が縄張り争いをするので、一ヶ所ではダメです。

水は、雑草に霧吹きで水をかける方法と、ペットボトルのキャップに水を入れて、隅の方に置いておきました。

ペットボトルの水は、沢山入れすぎると、鈴虫が水に溺れてしまうので、ほんのわずかです。

こうして、鈴虫が成虫になって、綺麗な音色で鳴いてくれる日を楽しみに、鈴虫の飼育が始まりました。

2017年6月30日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です