プレジデント金持ち夫婦の全裏技を読んでみると、人生の最大出費は、医療・住宅・教育だそうです。

子供を医学部に進学させるには、親は決して勉強しろといってはいけません。

プレジデント2017年2月13日号では、金持ち夫婦の全裏技第百科の記事がありました。

記事の中で、リッチな人とは年収1500万以上で、貯蓄は一億円以上のようです。

この記事の中で、興味がわいたのは、教育についての記事でした。

教育の中で、子供を医学部に進学させるためには、高校生からの対応では、もう遅いそうです。

高校生からでは、偏差値が伸びきれないそうです。

偏差値が伸びる子供たちに共通しているのは、中学受験経験者だそうです。

中学受験経験者は、単に知識を詰め込むだけでなく、頭の中に思考の枠組みが形成されているからです。

そして大切なことは、子供に向かって勉強しろといってはいけないそうです。

そういえば最近、子供たちと話をしたときに、幼いころの我が家の教育について話したことがあります。

3人の子はいずれも、お父さんから面と向かって、勉強しろとは言われなかったといっています。

しかし、夫婦そろって勉強について黙っていたわけではありません。

漫才のぼけとつっこみのように、一人が勉強しろと言わなければ、もう一人は代わりに勉強しないとどうなるかを言っているのです。

ストレートに勉強しろというよりも、勉強しないとどうなるかを言ったほうが、子供の心には残るようです。

金持ち夫婦の行動には、人生の三大出費「医療、住宅、教育」があり、中でも、大きな出費を伴うのが、子供の教育です。

子供の教育費が生きた出費となるかは、結果でしかわかりません。

親は子供からかかった出費を回収することはほとんどありません。

しかし、どれだけの出費で済むかどうかは大きな問題です。

子供にお金のありがたさや、無駄な出費について教えることは親の務めです。

子供の教育が終わると、いつの間にか孫の教育になっています。

孫の親たちは、自分が歩んできた経験をもとに、孫の教育について長期的な考えを持っているようです。

孫たちが成人する頃は、私たち夫婦は生存しているかわかりませんが、うまくいってほしいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です