社長メッセージ:「『もったいない』が県民を動かす」(2006年7月号)

給与袋に添えて[7月号]

給与袋に添えて

「もったいない」が県民を動かす

新しく滋賀県知事選挙に当選し、知事となった嘉田由紀子さんは「もったいない」を合い言葉に、僅か3人の人数で選挙運動を始めました。「もったいない」とは、資源に対して眼を向けています。
琵琶湖の水資源を守らなければ、「もったいない」
無駄な税金を使う工事は「もったいない」と言った考えが支持されました。
我社においても、折角一度来て頂いた顧客を逃してしまうのは「もったいない」。
従業員の才能を伸ばさなければ、「もったいない」
ことにつながります。
「もったいない」の意味は深いことを感じます。

2006(平成18)年7月25日
社長 松葉 博雄

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です