高松市の、料亭二蝶では、山本容子女将の、おもてなしを頂きました。

料亭二蝶は、お蝶、と、め蝶のふたつの蝶がもつれながら上へ上へ舞い上がる様『隆盛』を願い、名付けられました。  四国 (9)

「料亭 二蝶」でお昼ご飯です。「料亭 二蝶」はJR高松駅より徒歩約10分の所にあります。

株式会社 二蝶の代表取締役社長は、山本亘さんです。

株式会社 二蝶は、昭和21年に初代が旅館として創業した時が始まりです。姉妹店に、わしょく家 二蝶と、ラウンジ 花小路があります。

戦後間もなくこの地で産声を上げて二蝶は65年が過ぎ、現在3代目だそうです。

ホームページの紹介のページに、二蝶の由来が書かれていました。

『四国と本州を唯一宇高連絡船が結んでおりましたその昔、

ここ高松は戦前、二百余名の芸妓衆が活躍する

「さぬき芸どころ」と言われておりました。

その雅なる往時の芸妓『二蝶』の名を受け継いだ私共の屋号は、

お蝶、と、め蝶のふたつの蝶がもつれながら上へ上へ舞い上がる様

『隆盛』を願い、名付けられました。』

とのことだそうです。

玄関でお出迎えを受け、今日の予約のお部屋に案内されました。長い廊下が続きます。所々分かれ道もある廊下です。初めてのお客様であれば、道に迷いそうな、迷路です。部屋に通され、椅子に座り、これから「め蝶御膳」を頂きます。

前菜は、蛸梅肉和え 八幡巻 厚焼き玉子 蛇籠蓮根サーモン 鰊旨煮 とうもろこしかき揚 鱧小袖寿し 枝豆 などです。どれも、味わいのある、美味しい御料理です。

U君は、子供用のランチです。

仲居さんが、説明を忘れていました、と言いながら、食前酒を勧めてくれました。食前酒は、梅酒です。

あれやこれや、質問をして、写真を撮り続けていると、同業の方かと思われてもおかしくありません。そこで、前もって名刺を渡し、名乗っておけば、警戒はされません。

椀物は、さざえあおさ真丈 椎茸 青瓜 松葉柚子です。何故、松葉柚子と言うのですかと聞くと、柚子を、松の葉のように、切っているからだそうです。でも、松葉博雄のお椀は、丸い形の柚子でした。

U君にも、綺麗なお姉さんが、丁寧に食事のお世話をしてくれました。U君は、綺麗なお姉さんが、丁寧に接してくると、普段の態度と様子が変わってきました。どうやら、恥ずかしがっているようです。

松葉博雄が写真を、お断りをしないで写真を写したことを後でお詫びをすると、「お店の為になるのなら、宣伝になるのなら、写真を写して頂く事や、ブログに掲載して頂く事は、嬉しいです」と、とても優しい心遣いをいただきました。

お名前を尋ねると、「結です。」と言われました。「結いの党の結いですか?」と尋ねると、うなずいています。

お造りは、鰹叩き 烏賊 芽物です。

先ほど、松葉博雄の名刺を渡し、名乗ったので、それに応えて、女将の山本容子さんが、挨拶に来てくださいました。女将の山本容子さんは、大学は神戸の女子大に通っていたそうです。住んでいた所は、松葉博雄の家に近い場所でした。こうなると、話は弾みます。

揚げ物は、鱸唐揚げ 無花果天ぷら 青唐 紅葉おろし 煎りだしです。とても美味しいお料理でした。

ご飯は、予定では芋ご飯でした。芋ご飯は、四国なら、なると金時の芋かと早合点し、芋は苦手なんですと話すと、芋抜きの、白いご飯にしてくれました。

実際の芋ご飯は、金時芋ではなくて、里芋でした。里芋なら、苦手ではありませんでした。

一緒に頂いたのは、ジュンサイの赤だしです。

御抹茶も頂きました。和三盆を使った甘いお菓子が付いています。お菓子の形は、蝶々が羽を広げた形です。なかなか凝った演出です。

仲居さん、女将さんのおもてなしといい、お料理の材料、味付け、盛り合わせといい、なかなか優れた和食でした。これなら、また来てみたいお店です。

食事中、にわか雨が降っていました。帰る頃には、雨も上がり、駐車場に車を入れていると、先ほどの綺麗なお姉さんに話すと、わざわざついてきて、駐車料金の精算をしてくれました。

二蝶で食事が終わると、松葉博雄と奧さんは、神戸に帰ります。U君とU君のお母さんは、JR高松駅まで、お見送りしてくれました。U君は、淋しそうです。こんな光景、以前に、ドイツのボンから日本に帰国するときにも、ありました。

帰りは、来た時のルートと同じです。岡山までマリンライナー、そして岡山から新神戸までは、新幹線で帰ります。

マリンライナーで、景色を見ながら、電車に揺られて、あっという間に一時間経過し、岡山着です。

途中見た景色には、車で来たときには、寄ってみたいなあと思うサービスエリアがありました。

瀬戸内海の、小さな島々は続き、こんな島を見ながら、高台でビールが飲める、お店があったらいいなあと思ってしまいます。

2014年8月15日(金)