食べてみました。迷信を信じて、節分の日に恵方巻を食べてみました。

食べてみました。節分の日に南南東を向きながら、恵方巻を食べてみました。

食べてみました。節分の日の恵方巻を食べてみると、海苔が少し湿気ていて、問題があるなぁと思いながら、巻き寿司を食べてみました。

「いわしの頭も信心から」というように、こうすればこうなるという、信心があれば、それは文化として定着し広まっていきます。

例えば、二月堂で行われるお水取りの最終日に松明の燃えかすを頂くと、無病息災に効果があるとか、お湯のみの茶柱がたつと良いことがあるとか、お寺で焚くお線香の煙を顔や頭に浴びると体がよくなるなど、沢山の迷信があります。

2月3日の節分に、豆をまいて鬼退治をするのも迷信、節分の日に巻き寿司の丸かじりをするのも、いつの日から始まったのか、今ではすっかり定着した迷信です。

確信的な迷信もあります。例えば、バレンタインにチョコレート、ホワイトデーにマシュマロを沢山売れるようにする戦略的な迷信です。どうやら節分の巻き寿司も、海苔の組合、お寿司屋さんの組合などが、積極的に仕掛けていった戦略性を感じます。

 

このような背景の中で、さんプラザコンタクトレンズでも、良い迷信なら受け入れようと、今日は節分なので、休憩時間のおやつに、従業員の皆さんに恵方巻を用意しました。

注文したお店は、センタープラザ地下1階にある「一寸法師」です。毎年、従業員の皆さんに用意する恵方巻は、この「一寸法師」にお願いしています。今年はお店のサービスで、福豆を頂きました。

一寸法師の恵方巻は、とても立派でとても美味しいので、皆さんも大喜びです。

見た目はとても大きいので、食べきれるかなぁ?・・と、皆さん言っていましたが、大きくて食べ切れそうにないと言っていた人達も、美味しさのあまり、皆さん休憩時間の間にペロっと1本食べきっていました。

今年は南南東を向いて食べると良いそうですが、なんせ仕事の休憩時間なので、そんな余裕もなく、かぶりつくのに必死です。

断面を見れば、よく分かりますが、卵もとても分厚く、中身もしっかり入っているので、この1本で十分お腹いっぱいになります。

巻き寿司の丸かじりにも、問題点はありました。それは、ぱりっとした海苔も、巻き寿司にして置いておくと、しばらくすると海苔が湿気てきて、本来のパリっとした海苔では無くなることです。

コンビニのおにぎりは海苔をセロハンでつつみ、湿気予防をしています。巻寿司でも同じ事は出来るでしょうか?

2013年2月3日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です