伊江島の伊江港と本部港を繋ぐ、フェリーボートは、ピカピカの新造船です。 琉球銀行 大城勇夫頭取からお祝いの蘭が届いています。

伊江島と本部港を繋ぐ、フェリーボートは、ピカピカの新造船です。 第136回沖縄訪問(11)

伊江島と本部港を繋ぐ、フェリーボートは伊江島村営です。『いえしま』はピカピカの新造船です。

本部港から30分の花の楽園、伊江島へ行きます。本部港でフェリーの切符を買います。

**

11時出航の船に乗る予定です。ここは伊江島公営企業が運営してる船ですから、公務員の船会社です。

**

出発前に車を所定の位置に置いて、乗船の指示を待ちます。

**

沖縄の離島振興策は、手厚い支援があり、どの港もターミナルが立派です。

**

いつもドライブは、片山正喜さんの四輪駆動を使っていますが、フェリー乗る際は、小さい車の方が料金が安いので、伊江島には松葉博雄が借りているレンタカーのNOTEに乗っていきます。

**

今日の乗船待ちの乗用車は、わずかです。これが夏に向かって、段々と増えてきます。

**

船が港に入って来ました。新造船、新しい船のようです。

**

そういえば、切符売り場の窓口には、(株)琉球銀行 頭取 大城勇夫さんからの蘭の花が飾られてました。

**

フェリーが近づいてくると、まだ、新造船のピカピカのフェリーだという事が目に見えてわかりました。フェリーは、かなり古いのが普通です。

**

まだ新しいフェリーボートに車で乗船です。10時45分くらいに乗りました。これからデッキに入ります。

**

伊江島フェリーの乗り方は、車をバックで入れます。バックで入れた方が、出るときに出やすいからです。淡路フェリーボートが健在の時は、前向きに入って、前向きに出ました。つまり、船首も船尾も、どちらからでも出られる様に作られていました。

**

乗船してから、甲板に上がって周囲の景色を見ます。向かいに見えるのは、瀬底島、周りは本部港です。

**

11時発です。片山正喜さんは港の工事に詳しいので、色々、水中工事について話を聞きました。

**

港の船が接岸する際、クッション役をする浮きドック、これは1つでも鎖が20万円くらいするそうです。さらにこれを取り付ける工事は、水中工事になるので、1つのゴムを取り付けるのでも10万円くらいかかるそうです。

**

大変な金額の工事です。海洋土木会社は、大手では五洋建設、若築建設、東洋建設の名前があがります。実際片山正喜さんが、海洋土木会社を経営していたとき、仕事は、元請けのあと1次、2次、3次の下請け、それらが経由して実際働く人の所に仕事が回ってきます。

実際に海に潜って、危険な工事を実施しているのは、孫請け曾孫請けの会社だそうです。

2012年4月10日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です