おいしいもの案内します 淡路島の干物、ちりめん、いりこ、タコ、などの海産物です。

おいしいもの淡路 水産加工品の買いものツアー

おいしいもの淡路に求めて、淡路に買いものツアーで、次に探し行くのは、淡路産の、干物、ちりめん、いりこ、タコ、などの海産物です。

水産加工品 淡路

目的地は、製造直販の「藤本水産」です。

水産加工品 淡路

淡路島のこの周辺にくるには、すっかりおきまりのコースになってきました。

 水産加工品 淡路

今日も、ちりめんや、いりこなどの、保存できる食品を探しに行きます。

水産加工品 淡路

「藤本水産」の敷地には、ちりめんやイカナゴを干す天日干し台がありま

す。

水産加工品 淡路

今日は天気がよく、ちりめんもよく天日干しができそうです。

水産加工品 淡路

水産加工品で、ビジネスを広げようとすれば、まず、魚を獲ること、それには、船が必要であり、魚を獲る道具が必要です。

水産加工品 淡路

魚が獲れると、港から、加工所まで運んできて、天日で干す、

塩で加工する、箱に詰めるなどの、作業所が必要です。

水産加工品 淡路

天日で干す場合は、お天気のよい日に、人手が必要で、雨の日には人手が、お天気の日ほどいりません。 水産加工品 淡路

天日で干す広場と、加工所とは、フォークリフトを使って、木箱を運んでいます。

しかも、何時間かたつと、均等に、日があたるように、箱の魚をひっくり返しています。

水産加工品 淡路

広い敷地が必要で、加工所にも多くの加工施設が必要です。

水産加工品 淡路

これだけの、経営資源を、新規に調達するには、相当な資金が必要で、それを考えると、今更新規に、水産加工所を開くことは、大変なことです。

水産加工品 淡路

製造直売ですから、流通経路を通して買うより、安くて、新鮮と思います。

問題は、味です。味は、お家に帰って、ゆっくり、ビールと相談しながら、

評価したいと思います。

 

岩屋の神戸水産

ちりめんじゃこは関西風の呼び名です。

天日干しをする時、乾いて硬くなるちりめんと、天日干しの時間を短くして、やや柔らかいちりめんがあります。

シラス干しは関東風の呼び名です。

岩屋の正寿司のお店を出ると、目の前には明石海峡大橋と、

その下にはちりめん干しのカゴが広がっています。

私はちりめんが大好きで、以前週刊誌に日本の美味しいちりめんとし

て、淡路の柴宇のお店が紹介されたとき、直ぐに柴宇に駆けつけて、ちりめ

んを買った事があります。

柴宇のお店の人から、あなたが週刊誌に載って一番最初のお客さんだと言われました。

ちりめんを干している加工場に行ってみます。

岩屋港から水揚げした鰯の稚魚を、塩茹でして、直ぐに天日で干します。

工場の中に入っていくと、作業場では、戦場のように活発に作業が遂行されています。

とても綺麗なちりめんです。色の白い、形の整った美しいちりめんです。

7月の梅雨明けのお天気だと、ちりめんはどんどん乾いて、美味しいちりめんが出来そうです。

お店の方は、今干してるちりめんを掴んで、試食を勧めてくれました。

淡路特産のちりめんは、300g入りで1000円です。

加工所の名前は、神戸水産有限会社でした。

試食を勧めてくれたのは社長さんでした。

社長の神戸さんが言うことには、今の時季が一番淡路ちりめんが美味しい時季だそうです。

うちのちりめんは、よそと比べて味と品質が違うそうです。

社長さんの説明に、ちりめんを食べてみると、頷けます。確かに美味しいちりめんです。

工場の端に、釜ゆでの設備があり、その隣には塩の袋が山積みにされています。

かなり沢山塩を使ってる事が分かります。

塩分の取りすぎに注意です。

一つだけ買うつもりが、ついつい沢山買ってしまいました。

一番大きい段ボール1箱だと、18,000円です。

とても2人で食べきれる量ではありません。

社長が言うには、大阪湾の海は豊かな海で、鰯をとってもとっても、湧くように鰯の子が生まれてくるそうです。

神戸水産でちりめんを買った後は、西海岸をドライブします。向こう側は明石側です。

今日は普段と違って、交通量が随分少なく感じます。

車が少ないので、駐車出来るスペースを探し、普段路肩に止まれない所で車

から降りて、明石海峡大橋を写してみました。

小さな灯台が道路脇に佇んでいます。これは本物の灯台なのか、それとも道

しるべなのか、どちらでしょうか?

いつもの淡路のウエストコーストのドライブコースを、逆走しています。こ

れから向かうのは、穴子の魚増鮮魚店があるところです。

 

魚増鮮魚店 あなごの炭火焼き

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

魚増鮮魚店は北淡町富島にあり、国道に面しています。

いつもお店の前には行列ができていて、そうとう待たなければ買えません。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

播磨灘がすぐ近くに見える、サンセットロードを走ると、道幅がとても狭い

ので、少しでも景色に見とれて油断すると、対抗車の大型トラックに、接触

しそうな怖さがあります。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

ちょうどお昼時なので、どこで、何を食べようかと、奥さんと相談しなが

ら、進行方向の左側に広がるお店をチェックしながら、出来るだけゆっくり走行します。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

高速道路で北淡の入り口の近くに、穴子屋さんが並んでいました。

高級料亭の様な店構えもあれば、炭火焼きで、おばさんがしゃがんで醤油の

たれを付けながら、七輪で焼いているお店もありました。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

問題なのは、道幅が狭くて、お店の前に、車を停められないことです。「いいなぁ」と思った店も、駐車が出来ず、やり過ごしてしまいました。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

なんとか停まる場所があって、炭火で焼いてそうなお店を見つけました。

看板には、炭焼きあなご「魚増鮮魚店」と書いています。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

たくさん焼き穴子がトレーに盛られています。

おばさんに、「どのぐらい時間を掛けて焼いたのですか?」と尋ねると、

やや愛想のない返事で、「2時間」と形容詞も感動詞もない返事が来ました。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

お店に水槽があり、覗いてみると、カレイかヒラメのような、

平たい魚が、底の方には、ウナギのように見える穴子が見えました。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

2本入りの穴子パックを何本か買って、持ち帰りました。

炭焼きあなご「魚増鮮魚店」

焼き穴子のたれが、付いていないのに気が付いて、もう一度、おばさんのところに行き、「たれがないよ」と言うと、「たれは、1本60円」と言われました。

別売りだったのです。ひとつのトレーに、たれ1本を買って帰りました。

ちなみに、「この穴子や水槽の魚は、どこで捕れたのですか?」と確認しました。

おばさんの返事では、「目の前の海」ということが確認できました。

お店全体に忙しすぎて、愛想は期待できません。


大きな地図で見る