サイクリング沖縄本島:折りたたみ自転車でサイクリング:知念半島玉城区の海の茶屋、山の茶屋は、海の見えるすばらしいロケーションです。

サイクリング沖縄本島  は、折りたたみ自転車でサイクリングです。場所は、知念半島玉城区の海の茶屋、山の茶屋は、海の見えるすばらしいロケーションです。

サイクリング 沖縄本島 です。折りたたみ自転車でサイクリングをして、心地よい時間を過ごしています。

知念半島を走っています。「ビーチCAFE」を出て、近くの浜辺に降りてみると、小さな船着場があり、

海の茶屋

グラスボードが、出ています。つまり、船に乗って、サンゴ礁の海を、ガラス越しに覗こうという観光船です。値段は一人1,500円です。

海の茶屋

誰も居ません。

海の茶屋

観光産業の難しさは、集客です。インターネットを使って、広告をして、集客をすれば、広告料がどっさりかかります。

海の茶屋

ガジュマロも、生い茂っていて、昔の沖縄の面影が残っています。

海の茶屋

またここで、サイクリング用の折りたたみ自転車を下ろして、付近をサイクリングしながら散策してみます。

海の茶屋

りんりんの散歩のように、あちらこちらに立ち寄って、知念半島の毛細血管のような細い道にまで入っていきました。

海の見えるカフェで、上からの知念半島を見た後は、百名地域を折りたたみ自転車でサイクリングしています。

海の茶屋

車を停めた浜辺に、三菱自動車工業株式会社の沖縄耐候性試験場がありました。

海の茶屋

浜辺に沿ってサイクリングロードが、整備されています。

海の茶屋

折りたたみ自転車で、浜辺を走ったあとは、百名地域の住宅地域に向います。

海の茶屋

たまぐすく焼と言っても、食べるものではありません。陶器の窯元です。

海の茶屋

玉城区公民館は、このあたりの住民の人たちが集まる場所です。

海の茶屋

少し丘陵地になった傾斜地に、山の茶屋があり、そこから離れたところに、浜辺の茶屋があります。山の茶屋と、浜辺の茶屋は、駐車場を共有しています。

海の茶屋

このあたりは、宮本亜門さんで、注目を浴びている場所です。サイクリングしていると、車では立ち寄れない場所も立ち寄る事ができました。

2010年11月26日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です