沖縄 東村指定天然記念物 サキシマスオウノキは、船の舵板に使うため、乱伐され、今は僅かにしか残っていません。福地ダムの下流には、農薬のない綺麗な川が流れています 第117回沖縄訪問(16)

東村指定 天然記念物のサキシマスオウノキは、船の舵板に使うため、乱伐され、今は僅かにしか残っていません。福地ダムの下流には、農薬のない綺麗な川が流れています。【恩納村前兼久では、2010年3月に、前兼久だけの地域限定の選挙があります。地域住民の生活に密接に繋がる選挙です。 その16】

今、東村では、ツツジ祭りが終わる頃です。

お昼ご飯を食べたあとは、東村の方から、

さらに東村指定天然記念物のサキシマスオウノキを見に行きます。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

かなり昔、船の舵取りの板に使う木を、

このサキシマスオウノキから作っていたので、

乱獲がたたり、

今では天然記念物に指定されるほど、少なくなりました。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

八重山諸島に行っても、

大きなサキシマスオウノキは残っていません。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

東村には、このサキシマスオウノキが残っていて、保護されています。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

山頂の方からは、自然の水が引かれ、

観光客の方もこれで顔を洗うことができます。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

片山正喜さんと、この川で、また川遊びをします。

東村指定天然記念物のサキシマスオウノキ

もう少し夏に近づくと、陽射しが熱くなって、

川遊びにちょうどいいのですが、

今日はちょっと曇っています。

福地ダム下流の川

サキシマスオウノキの近くに川が流れ、

この辺りは、海から水が入ってきていることが分かります。

福地ダム下流の川

福地ダム下流の川

狭い道を分け入って、

川遊びにちょうどいい浅瀬のあるところまで近づきます。

福地ダム下流の川

福地ダム下流の川

福地ダムの下流に、車が入れないほどの細い道があり、

いったん車を降りて、また素足になり、

水苔に足を取られて滑らないように気をつけながら、

川の上流へと歩いて行きます。

福地ダム下流の川

近くの福地ダムに行って、

そのダムから流れている川を見てみることにします。

福地ダム下流の川

福地ダムに続く舗装道路は、

途中で通行禁止になっていて、

これ以上、奥には行けません。

福地ダム

3時間ほど深い森の中で、川遊びを堪能しました。

福地ダム

こうして、森や川のことをよく知っている方に連れてきていただくと、

ただの観光旅行では行けないようなところで遊ぶことができます。

楽しいヤンバルツアーもこれでお終いです。

納得して帰ります。

福地ダム

ヤンバルの道には、捨てられた犬が、野犬になっています。

野犬に弁当をやる人がいるので、

野犬も弁当欲しさに車の側にやってきます。

しかし、野犬狩りも行なわれています。

野犬も、弁当は欲しいし、掴まりたくないし、

警戒的な様子が分かります。

自然と動物保護の調和がうまくいくかどうか、胸が傷みます。

四輪駆動車のお陰で、舗装道路とは違った、

急な斜面や、険しい野道を分け入り、

自然の観察ができました。

ヤンバルの奥地に入っていくと、

鳥や小動物や植物を密漁する人に対して、

警告看板が出ています。それだけ、

密漁の被害があるのでしょうか?

 

2010年3月29日(月)

沖縄 東村指定天然記念物 サキシマスオウノキは、船の舵板に使うため、乱伐され、今は僅かにしか残っていません。福地ダムの下流には、農薬のない綺麗な川が流れています 第117回沖縄訪問(16)” に対して2件のコメントがあります。

  1. 相磯 紀久雄 より:

    以前(2009年3月)沖縄、八重山諸島の旅をしました。石垣島の米原ヤエヤマヤシ群落、西表島などで、根本が平たく地上まで伸びた、珍しい木を見かけました。写真も沢山撮影してきました。昔は船の舵の板に使っていた、と言うことは現地で聞いて覚えていたのですが、肝心のその木の「名称」が分らず、旅の≪アルバム≫にも書き入れずにいました。このブログで、やっとこ見つけ、解決しました。ありがとうございました。

    1. 社長研究室 より:

      相磯 紀久雄様
      コメントを頂きありがとうございました。
      多くの皆様から、松葉博雄の社長研究室に、記事掲載後かなり後からコメントが寄せられる事があります。
      たいていの場合は、検索のキーワードが、私の記事にヒットして、それをご縁に閲覧を頂いているようです。
      沖縄の記事は、かなり調査して書き続けていますので、これからも閲覧して頂ければ幸いです。
                             松葉博雄

相磯 紀久雄 へ返信する コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください