衆議院議員盛山正仁先生は、衆議院厚生労働委員長に就任されました。

投稿No:8426

盛山正仁先生は「第200回臨時国会開会式」と「天皇即位 正殿の儀」で、天皇陛下に拝謁を賜りました。

衆議院厚生労働委員長に就任

衆議院議員・盛山正仁先生が、国政についてのお話にやって来られました。

名刺が変わりましたと言われて、頂戴した名刺には、

「衆議院 厚生労働委員長」の名称になっていました。

おめでとうございます。厚生労働委員長は大変な要職です。

第200回 臨時国会召集

2019年10月4日、第200回臨時国会が召集されました。

正午から開催された衆議院本会議で、9月の内閣改造にともなう常任委員長他の選挙があり、

選挙の結果、盛山正仁先生は大島理衆議院議長から、厚生労働委員長に指名されました。

下の写真2枚は、厚生労働委員長に指名された時と、

第200回臨時国会開会式 天皇陛下お迎えの写真です。

(出典 盛山正仁国政報告 2019.10.12発行より)

一番右端が盛山正仁先生です。

臨時国会 開会式

臨時国会が召集された10月4日には、

天皇陛下が参議院本会議場での開会式にご臨席されました。

天皇陛下が国会に到着されたときは、

盛山正仁先生は、常任委員会の厚生労働委員長として、

天皇陛下をお迎えするために、モーニング服を着用し、

国会議事堂正面玄関で天皇陛下をお迎えされたそうです。

厚生労働委員長に指名されたばかりですが、もう初任務です。

12時45分に、国会の開会式にご臨席された天皇陛下は、

13時25分にお帰りになりました。

ご帰還の時も、盛山正仁先生は厚生労働委員長として、

お見送りの列に参列されたそうです。

10月に二度目の天皇陛下拝謁

同じく10月22日の「天皇即位 正殿の儀」の日には、

皇居に参内し、天皇陛下に拝謁されたそうです。

10月22日の即位の礼の日には、

私は自宅でテレビを通して、即位の礼を視聴しました。

盛山正仁先生は、皇居松の間で行われた天皇即位 

正殿の儀に参列し、厳かでかつ厳粛な即位の礼を実感されたそうです。

2019年10月には盛山正仁先生は、

「第200回臨時国会」と「天皇即位 正殿の儀」のセレモニーに参列されたことで、

同じ月に、二度も天皇陛下に拝謁されたことになります。

臨時国会開会式は、衣服はモーニングで天皇陛下をお迎えされました。

天皇即位 正殿の儀では、初めて燕尾服を着用して、皇居に参内されたそうです。  

天皇陛下に拝謁する機会は、一般の人にはなかなかあることではありません。

盛山正仁先生のお話では、国会議事堂で天皇陛下をお迎えしたときも、

天皇即位・正殿の儀に参列したときも、表現できないような緊張感があったそうです。

今日の盛山先生とのお話では、天皇即位・正殿の儀について、

盛山正仁先生が体験した、感想を詳しく聞かせていただきました。

テレビ放送を見て感じた事と、実際に式典に参列した体験から聞く話とでは、

体験された話の方が、感情が注入して、臨場感が伝わってきました。 

厚生労働委員会の委員長に就任されると、

これからはテレビ報道で盛山正仁先生のご活躍が伝わってくると期待しています。 

衆議院 厚生労働委員会の所管事項

衆議院厚生労働委員会の所管事項は次の通り(衆議院規則92条)。

  1. 厚生労働省の所管に属する事項

国政調査案件

  1. 厚生労働関係の基本政策に関する事項
  2. 社会保障制度、医療、公衆衛生、社会福祉及び人口問題に関する事項
  3. 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する事項

 

衆議院議員盛山正仁先生 関連記事 アーカイブ

2019年10月26日(土)