神鋼病院で睡眠時無呼吸症候群の検査入院をしました。寝ている内に 血圧が高い原因の検査 無呼吸症候群の検査入院(1)

寝ている内に 血圧が高い原因の検査検査 神鋼記念病院で 睡眠時無呼吸症候群の検査入院をしました。寝ている内に無呼吸症候群の検査入院(1)  社長ブログ神戸/生活/健康と病気/無呼吸症候群の検査入院

睡眠時無呼吸症候群の検査 血圧が高いのはなぜか? 

寝ている内に検査です。血圧が高いのはなぜなのか? 

これまで、塩分の摂りすぎとか、生活習慣だとか、肥満とか、そんな説明

を、周囲から受けてきました。

塩分を少なくするため、奧さんは、

涙ぐましいほどの努力を続けています。

例えば、今毎朝頂いている味噌汁は、

これでも味噌汁か?と疑うほどの薄味です。

外食でラーメンやうどんを頂く時は、

その出し汁は、半分以上残すようにしています。

さらには調味料に塩分は極力控え、

レモン汁やこしょうなどで味をごまかしています。

それでも、なお血圧が下がらないのは、なぜなのか?

こう考えて、

かかりつけの先生を別の先生に変えてみました。

高血圧のもう一つの理由とは?

そうすると、新しい先生は、

血圧が高い理由を、

もう一度別の方向から見直してみましょうと、

いろいろな検査を勧めてくれました。

いろいろな検査をしてみた結果、

検査数値にはなんの問題もありません。

こうなれば、高血圧を引き起こす原因は、

ミステリーの犯人捜しのように、より深く考える事になります。

大病院に行って、

さらに詳しい検査を受けるように勧められました。

そこで、精密検査を受けるためには、

診察をお願いすることになりました。

高血圧には、無呼吸症候群にも関係性がある

血圧を高める犯人捜しは、意外にも、

呼吸器系を探す事になりました。

テレビでなんどか見た事がある、

睡眠時無呼吸症候群です。

寝ている時に何秒かの間呼吸が止まっていれば、

血圧に影響が出るという仮説です。

寝ている時の呼吸の状態を調べるためには、

まずは検査入院をして、実際に一晩、

検査機器を付けて、病院の監視の下で眠ってみる事になりました。

最初の診察時に検査入院の日が決まり、

その日になると、お昼3時の受付時間に病院に行って、

入院の手続きをし、検査のための特別室に案内されました。

睡眠時無呼吸症候群の検査は検査入院一泊

病気ではないので、一般病棟には入れません。

検査のための個室に案内されました。

個室は、差額ベッド代が必要です。検査料もかかります。

これらは請求書として渡され、当日一括払いを済ませておきました。

睡眠時無呼吸のお泊まり検査代は、いくらでしょうか?

答えは約4万円強でした。高いか安いかは、この結果、

血圧が下がるかどうかにかかってきます。

睡眠時無呼吸症候群の検査前の夕食

検査機器の取り付けは、病院の夕食が終わった、7時過ぎになっています。

それまで、付き添いの奧さんと世間話をしながら、時間経過を待ちます。

病院の個室に来たのは、二十数年前、

母が長期間闘病のため、入院したとき以来です。

あの時は看病のために、

出勤前の朝と仕事が終わった後の帰り道に、

一日に2回看病に訪れて、母の病状の一進一退に、

一喜一憂していた事を思い出しました。

検査(2)に続く

2016年3月