ゼミの後の飲み会は、情報交換の場所です。 飲み会は多くの効用があります。

専門職の知識と経験を、学術的な研究テーマに昇華できると、投稿論文になりそうです。 市大2 居酒屋

大阪市立大学大学院の博士ゼミが終わった後は、有志にて反省会です。

有志は、菊池浩史さんと家永秀則さんと、山﨑真嗣さん、松葉博雄の4名です。

地下街の居酒屋さんは、どのお店もサラリーマンの方が、会社帰りに立ち寄っているのか、満席が目立ちます。

何とか空いた席を見つけて、早速生中とおつまみを注文すると、反省会の始まりです。

皆さん、夕食か夜食代わりに、色々なメニューを注文していましたが、松葉博雄は、家に帰ると奧さんが作ってくれている夕食があるので、注文したのは、満腹にならないようにスルメの天ぷらです。

家永秀則さんは、飲み会大好きで、飲み会なら呼んでもらえば、メンバーで無くても、オブザーバーで参加したいそうです。

その気持ち、よく分かります。松葉博雄も、2000年に大学院生になったときは、院生同士の飲み会が大好きで、更に、先生も参加するゼミの後の飲み会は、講義の時には聞きにくい質問も、飲み会では聞きやすく、積極的に飲み会に参加していました。

飲み会の効用は、計算できないほどの高い効用があります。

飲んでいる時は、指導する先生も砕けた言葉で指導して下さり、教室とは厳しさが違います。

するめの天ぷらが届きました。

このぐらいなら、生ビールと一緒に頂いてもお腹いっぱいにはなりません。

菊池浩史さんは、不動産鑑定士の資格を持っている先生です。

そうなると、得意分野は不動産です。

その不動産関係をテーマにして学術的な問題を見つければ、投稿論文は書けませんかと水を向けると、

それが、経営学のテーマと不動産のテーマを、いかにしてくっつけて学術的な意義を見いだすか、今のところ五里霧中のようです。

家永秀則さんも、退職後は不動産の仕事をしておられるので、家永秀則さんにとっても、不動産をテーマに経営学とドッキングさせれば、強い研究基盤ができるのではないでしょうか。

2人の話で感じた事は、これまでの実務経験が先行しすぎているのかなと思いました。

松葉博雄の場合もそうですが、コンタクトレンズの仕事を長年していると、仕事に関する知識情報は、人には負けないのですが、これを学術的テーマに置き換えるのは、なかなか苦労しました。

中ジョッキを3杯飲んで、4人で良い気持ちになりました。

家永則行さんのオヤジギャグを聞いて、菊池浩史さんと、山﨑真嗣さんは、さらに上乗せのダジャレで、大賑わいの反省会は終わりました。

これから神戸に帰ります。

阪急百貨店の前のショーウィンドウの前は、季節ごとに内容を変えて、いかにもお金が掛かっているような手数を感じます。

電車の中は、だれもかれもスマートフォンか携帯電話を見ています。

これでは、皆さん視力が低下しそうです。

2015年6月29日(月)