山中温泉 花紫に泊まります。

松尾芭蕉は、「山中や 菊は手折らじ 湯のにほひ」と、山中温泉を詠んでいます。 北陸加賀 山中温泉(1)

日本一の寿司職人の握るお寿司の店を、予約しておいたからねと、長女が数ヶ月前に、予約を入れてくれたお店があります。

どこに連れていってもらえるのか、行ってからのお楽しみのため、行く前に詳しいことを聞いていません。

新神戸駅の真下は、布引の滝の流れる渓流が見えます。

渓流では、家族連れの川遊びが、ホームから見えました。

こんなところで、U君とリッキー君も川遊びに連れて来たいものです。

新幹線の中で食べるため、淡路屋の神戸デリカ弁当を購入しました。

アサヒスーパードライをいただきます。

駅弁があると、旅に出た気持ちが高まってきます。

お弁当の蓋を開けると、牛肉の甘辛煮、さわらの西京焼き、煮物、メンチカツ、春雨、卵焼きなどが、食欲をそそります。

新幹線で京都まで行き、JR京都から、サンダーバードに乗り換えです。

JR京都駅から、サンダーバード23号に乗って、加賀の山中温泉郷を目指します。

豪雨で、サンダーバードの別の便は、運休になっていて、無事に出発できる

か少々心配していましたが、無事に電車は走り出しました。

お天気は相変わらずの曇り空です。敦賀駅に着く頃、電車は徐行運転になりました。

丁度その頃、注目の、松葉博雄の社長研究室の、アクセス数は、100万アクセスを達成しました。

カウンターの設定は、松葉博雄が自分のホームページを押し続けても、カウントされないように設定されています。

そのため、誰かが100万アクセスを踏んだ瞬間を、上手くとらえました。

加賀温泉駅に到着しました。加賀温泉郷は、石川県加賀市と小松市の、4大温泉を総称して、加賀温泉郷になります。

看板に書かれている、山中温泉、山代温泉、片山津温泉は加賀市にあり、粟津温泉は小松市にあります。

今回は、加賀市の山中温泉に向かいます。

今夜の宿は、加賀温泉群の中の、山中温泉 「花紫」です。

サンダーバードが、加賀温泉に着くとき、花紫からは、出迎えの車が待機していました。

神戸を出るときは、長い間の晴天で、雨のことなどまったく頭にありませんでした。

それが、北陸トンネルを抜けて、北陸地方に入ると、集中豪雨のお出迎えです。

ものすごい雨に、熱烈歓迎を受けました。

車のお出迎えがなければ、ずぶ濡れになるところでした。

花紫の宿に着くと、ロビーで宿帳の記入です。

宿帳に、本当のことを書けない人たちは、宿帳にどんな具合に書くのでしょうか?

ロビーの窓から見える景色は、激しい雨が降っていました。

このロビーは、道路に対しては平面ですが、階層は4階だそうです。

食事までにまだ時間があるので、雨があがれば、近隣の散歩に行きたいところです。

7階の和室に通されました。長女と、奥さんと、松葉博雄の3人で、ここに泊まります。

浴衣に着替える前に、ビールを飲む前に、まだ素面のうちに、床の間を背にして、記念写真です。

大きなガラス張りの窓から、すぐ真下に見えるのは、水かさの増えた、滝のしぶきです

。この滝は、注意してみると、滝の水が止まっているときと、激しく流れているときと、時間によって違ってきます。

歓迎のお抹茶をいただきました。抹茶の表面に、今風のラテアートが、簡単に施されています。

部屋に届いた北國新聞の夕刊が来ています。

「羽咋で1時間46.5ミリ」の豪雨、明日まで警戒が必要と書かれていました。

「中能登で町道崩れる」の小見出しの横に、崩れた町道の写真が掲載されていて、陥没した町道が、かなりひどい状態です。

旅の楽しさは、景色と食べ物です。旅を楽しくさせてくれるのは、同行者と、お天気です。

景色、食べ物、お天気は、これからの楽しみで、同行者は家族で、ここに来るまで楽しく過ごしてきました。

山中温泉の旅は続く

2013年8月23日(金)