血液型占い 星座占い 四柱推命占い よりも、姓名判断が易者のその一言で運命を支配したお話です。

何を判断基準に結婚相手を決めたのですか?血液型占い 星座占い 四柱推命占い よりも、姓名判断が易者のその一言で運命を支配したお話です。

血液型占い 星座占い 四柱推命占い よりも、姓名判断で易者のその一言が運命を支配したお話です。絶対的な答えなどありません。自分の信じる事が答えです。

社員の女性社員の中で、束ねる重責を担っている方との食事会です。場所は三宮交通センタービル10階の「燦」です。

予約をしていないので、個室はとれませんでした。テーブル席で窓際の席がありました。入り口にあるアジサイの花は季節の花です。さて、このアジサイは本物でしょうか? 造花でしょうか?触ってみると、布地の造花でした。

5月に行われた神戸まつりのメイン会場となったフラワーロードが、ずっと先まで見渡せられる、見通しの良い席です。

サントリーの経営する燦は、何度もこれまでに利用していますが、今日の女性の接客係の方は、「ポイントカードを作りましょうか?」と、積極的な案内がありました。今まで、カードの作成について、勧誘された事なんて無かったので驚くと、「店長からはポイントカードの作成を勧めるように、積極的に言われているのです。」と、聞きました。

松葉博雄と奥さんと、女子社員の二人の合計4名で、これから食事を頂きます。お誘いしたのが急だったので、家での料理の都合もあったと思いますが、外で食べるのが嬉しい事なので、携帯電話で留守家族と連絡をとり、二人とも了解が得られました。

まず、ビールの注文から始まります。ビールはサントリーしかありません。

ビールと一緒に頂くのは、前菜の五種盛り合わせです。小さな皿に5つのおつまみの様なお料理が並んでいます。いずれも塩っ辛く、減塩中の人は、適量にした方が良さそうです。

京都府の鹿島屋の寄せ豆腐は、いつもの定番です。そろそろ面白い話が始まります。松葉博雄が提案した話題は、結婚して名前が変わると、人生の運命が変わるかどうかの話しです。

こういう場合、候補が複数いると、どちらの名前にした方がその後の幸せが得られるか、迷うことも出来ます。そこで、迷った時には易者による姓名判断に頼ります。

随分前に、センタープラザビル地下に易者が居て、よく当たるという噂があり、相談に行くと、男女の血液型占い、星座占い、干支占いを総合して、相性の判断をします。

この相性判断だけでは不具合でも、最後は姓名判断が決めてになります。結婚して、相手の姓に自分の姓を変えたとき、苗字と名前の上と下が上手く合えば、その後の人生の運命が変わるそうです。

そうすると、人と人との相性が大事なのか、名前が変わって運が良くなる方が大事なのか、誰でも悩むところです。しかし、易者のその一言で人生が変わる場合もあります。

ビールが進みません。普段飲み慣れていないサントリービールなので、焼酎にします。焼酎と一緒に頂くのは、徳島県すずきのお造りです。お刺身は、ビールと同じ様に、冷えてる方が美味しく感じます。

易者の一言でこちらにしようと選択すると、次は誘いを受けてデートに進みます。このとき、相手がどんな性格の人なのか、少し距離を置いて冷静に判断する時期です。一つ一つの行為が、寛容の立場で見れば許せる事になり、これも運命と思えば自然に受け入れられる事になります。

話しが弾んで来た時、出てきた料理はまこも茸の豚巻き炙りでした。この素材はなんだろうかと4人で意見を出し合いましたが、筍かなぁ?アスパラかなぁ?なんだろかなぁ?と、言いつつ、サービス係に尋ねて分かったのが、北海道産のまこも茸です。つまりキノコです。

そんなに沢山の結婚対象者が現れるわけでもなく、限られた範囲の中から、自分の判断で伴侶を選ぶとなると、なんとなく会ってる内に、あーこれ、あーこの人と、自分に言い聞かせるように、心の中に予感めいた言い訳が生まれてきます。

話しが盛り上がっているのに、燦では、ラストオーダーの案内が始まり、料理の進むペースを急がせます。周りの席も、一つずつ帰って行くと、そろそろ、帰り時かなぁと、急かされます。

この気持ちは、結婚相手を決める時の状況とよく似ています。周りの友達がどんどん結婚して、周りからも「そろそろ・・・」と、まるでラストオーダーの様に告げられると、何かを拠り所にして、自分自身の選ぶ基準を決めなければ、いつまでも理想を追う事になります。

あれやこれや考えつつ、めでたく結婚となると、嫁入りとなり、新居へ家財を運び込みます。土地柄により、地味な嫁入りもあれば、派手な嫁入りもあります。

ある地域では、家を守る、お守りとして、鏡を、どの家財よりも真っ先に運び込み、家の中を一巡して、鏡で照らし、北向きの所定の場所に置くそうです。

その理屈は分かりました。相当昔には、鏡は銅鏡でした。三種の神器にも、銅鏡が入っています。銅鏡はお守りなのです。それが時代が下って、銅鏡がガラス鏡になっても、鏡は四方を照らし、家を守るお守りになっているのです。

9時近いスタートだったので、もっともっと話しの続きをしたかったのですが、燦では閉店の準備が進んでいて、そろそろ精算の時間です。話しが弾む人との食事は楽しいです。

アーモンドグリコは、一粒で2度美味しいと言われていましたが、今夜の話しも、一つの話題で2度美味しい話しに聞こえました。

2012年6月2日(土)