神戸三宮・交通センタービル前の陸橋工事・第1報

(仮称)中央観戦横断歩道橋の工事が始まっています。工事の様子がどのようになっているか、取材しました。

この工事は交通センタービルから神戸丸井に陸橋を架ける工事でした。
なにしろ交通センタービル前の交差点は神戸でも指屈の交通量の多いところなので、交通の妨害にならないように、歩行者や車両に事故がないように、細心の注意を払って工事を進めなければなりません。
工事の名称は「中央幹線横断歩道橋」です。

横断歩道の中央分離帯に橋脚を組み、工事の荷重をここで支えているようです。
これができると、交通量の多い横断歩道を渡ることなく歩道で渡ることができます。
神戸丸井にとってみると、お客様を誘導する専用道路を付けてくれることになるので、おおいに神戸市に感謝していることと思います。
わりに早く完成の予定で、案内板には『2005年春完成』となっています。
JRや阪急の乗降客はこれまで、階段で1階に降りてから横断歩道に向かっていましたが、この歩道橋が完成すると、2階のフラットな状況で移動が可能になります。
これで少しでも交通事故が減少し、交通量の緩和になればと期待しています。

交通センタービルから丸井を通り、さんプラザビルにまで歩道橋で結ばれたことになります。
タクシーの運転手さんは近道を知っていることがありますが、私達もこの歩道橋を結べば雨の日も濡れないでセンタープラザ、さんプラザの2階からJRと阪急の三宮に歩いて行くことができます。これを知っていると、三宮のナビゲーターに活用できます。