社長メッセージを書く万年筆

仙台市に本社がある、手作り万年筆の大橋堂から、毎年の出張サービスの案内がありました。神戸では、そごうか大丸で毎年出張サービスがあります

 

仙台市の大橋堂さんから、万年筆の定期点検の案内ハガキが届きました。

大橋堂の万年筆

大橋堂の万年筆

以前にホームページに紹介した、「手作り万年筆三兄弟」の万年筆です。

大橋堂の万年筆

毎年、案内が来ても、忙しくて行けない年もあります。

大橋堂の万年筆

インクを吸引する方式なので、何年も使っていると、インクの出方が悪くなることがあります。

大橋堂の万年筆

人間の健康管理と同じように、万年筆も定期検査や定期修理が必要です。

大橋堂の万年筆

今年の担当者の方は、初めて女性の方に当たりました。

大橋堂の万年筆

今関喜久子さんに、尋ねてみました。

大橋堂の万年筆

「大橋堂で地方巡回する担当者は、何人いるのですか?」「私を入れて、3人です」「今関さんは、この道何年ですか?」「50年ぐらいです」

大橋堂の万年筆

「松葉博雄の万年筆は、どんな状態ですか?」「手入れがあまり行き届いていません」「ペン先は摩耗していますか?」「18金なので、柔らかく、20年ぐらいは使えます」

大橋堂の万年筆

3本の万年筆のうち、極太の1本のペン先を細字に替えてもらうことにしました。金の価格が上がっているので、ペン先も高騰しています。

大橋堂の万年筆

万年筆の胴体部分は、天然ゴムのエボナイトです。プラスチック製とは違います。ペン先はすべて18金で、メッキは使っていません。

大橋堂の万年筆

極太のペン先を下取りして、細字用のペン先に取り替えすると、19000円弱掛かりました。もう1本極細用を買うことにしました。

大橋堂の万年筆

これで、大橋堂の万年筆は4本になります。

大橋堂の万年筆

今関さんのお話では、30本ぐらい持ている人が大阪にいるそうです。

大橋堂の万年筆

その30本は、すべて使っているそうで、所蔵して見ているだけではないようです。

大橋堂の万年筆

桐の箱に入った新しい万年筆が加わり、4本になりました。

最初に買った万年筆は、今では貴重品になっているそうです。

すべて手作りなので、作れる人も限られていて、量産はできません。

大橋堂の社長さんは、現代の名工として、平成7年に勲六等瑞宝章を頂いた、名工です。

名工の作った万年筆を使って、名文を書きたいものです。

 

2010年1月26日(火)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です