神戸 生活:精神科医・安克昌さんの遺言「震災後の社会へ」

2007年1月16日(火)付けの朝日新聞朝刊第17面「生活」13版に、「傷つく人が心癒やせる品格ある社会をめざす」という記事がありました。

2007年1月16日(火)付けの朝日新聞朝刊第17面「生活」13版に、「傷つく人が心癒やせる品格ある社会をめざす」
クリックすると、別ウインドウで記事を読むことができます

 

この新聞記事は、災害や、事件・事故に遭遇した人の「心のケア」の重要性について、安さんの活動によって、世の中に認知されたことを紹介しています。

安さんは、2000年12月に39歳の若さでお亡くなりになりました。安さんの執筆した、阪神淡路大震災後の避難所訪問での罹災者への「心の傷」は、産経新聞に連載され、被災地の記録は、単行本「心の傷を癒やすということ」にまとめられ、出版されました。

そして、サントリー学芸賞を受賞しました。

今日のこの記事の紹介のご縁となったのは、安さんの身内の方が、我が社に縁があって、一緒にお仕事をしていることにあります。

この記事を読むことにより、1995年1月17日の阪神淡路大震災によって、さまざまな人が、さまざまな生き方をしたことを改めて知ることができました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です