おいしいもの淡路に求めて、淡路に買いものツアーで、次に探し行くのは、淡路産の、干物、ちりめん、いりこ、タコ、などの海産物です。

おいしいもの淡路 水産加工品の買いものツアー(4)

おいしいもの淡路に求めて、淡路に買いものツアーで、次に探し行くのは、淡路産の、干物、ちりめん、いりこ、タコ、などの海産物です。

水産加工品 淡路

目的地は、製造直販の「藤本水産」です。

水産加工品 淡路

淡路島のこの周辺にくるには、すっかりおきまりのコースになってきました。

水産加工品 淡路

今日も、ちりめんや、いりこなどの、保存できる食品を探しに行きます。

水産加工品 淡路

「藤本水産」の敷地には、ちりめんやイカナゴを干す天日干し台があります。

水産加工品 淡路

今日は天気がよく、ちりめんもよく天日干しができそうです。

水産加工品 淡路

水産加工品で、ビジネスを広げようとすれば、まず、魚を獲ること、それには、船が必要であり、魚を獲る道具が必要です。

水産加工品 淡路

魚が獲れると、港から、加工所まで運んできて、天日で干す、塩で加工する、箱に詰めるなどの、作業所が必要です。

水産加工品 淡路

天日で干す場合は、お天気のよい日に、人手が必要で、雨の日には人手が、お天気の日ほどいりません。

水産加工品 淡路

天日で干す広場と、加工所とは、フォークリフトを使って、木箱を運んでいます。しかも、何時間かたつと、均等に、日があたるように、箱の魚をひっくり返しています。

水産加工品 淡路

広い敷地が必要で、加工所にも多くの加工施設が必要です。

水産加工品 淡路

これだけの、経営資源を、新規に調達するには、相当な資金が必要で、それを考えると、今更新規に、水産加工所を開くことは、大変なことです。

水産加工品 淡路

製造直売ですから、流通経路を通して買うより、安くて、新鮮と思います。問題は、味です。味は、お家に帰って、ゆっくり、ビールと相談しながら、評価したいと思います。

2010年6月25日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です