阪神大震災の後、営業を再開しました。阪神淡路大震災後17日目

さんプラザビルの復興が決まりました。

昨日(2月1日)、いろんな方に手伝っていただいて引越しが無事に終わり ました。ありがとうございました。

「さんプラザビルの復興工事 」

皆さんのご協力のおかげで、今西ビルへの転居がなんとか完了し、今日から営業を再開できる状態になりました。

この日、しばらくぶりに、今西ビルに移って初めてのレンズの販売がありました。以前に比べるとわずかな金額でしたが、さっそくレンズの購入にきていただいたことをこれからの励みとしたいと思いました。

今西ビルで営業していることをこれまでのお客様にお知らせするために、街に出てビラを張って歩きました。

この用紙は、神戸市が用意してくれました。震災の後、お互いに連絡手段がなく、このように原始的な方法で街角にそれぞれの状況を伝えるために掲示が許されました。タイトルは「私はここに居ます」と最上段に赤地に白抜きで表示されています。

 

気になる人や、探している会社はその後、どのようになっているのか大変気にかかる状況でした。このような情報が少ないとき、紙に書いて人が集まる所に掲示をしてかすかな期待で読んでもらうという方法は、今回のスマトラ沖地震・津波災害の場合も実際に各地で掲示されている様子が報道されました。携帯電話はいつかは電池が切れ、水をかぶったり落としたりすると使えなくなります。

そうなると、時間と距離と場所を繋ぐデジタル文化は成立しなくなります。物的な物に書いて、狭い地域に相手に直接読んでもらう方法が今でも復活しています。

1995年当時は通信がズタズタに寸断されていた上に、今のように携帯電話やインターネットが普及していたわけではありませんでした。

情報は、自分の足を動かして発信するしかありませんでした。三宮駅前の横断歩道の信号機や、大きな筋や通りの電柱など、お客様の目に入りそうなところをめぼしを付けて、なんとか私たちが元気で営業を再開したことを知って欲しくて、何枚も何枚も手分けして張って歩きました。従業員の通勤途中、取引先の担当者が訪問してくる道すがら、自分自身が出かけて交通の要所要所に掲示して回りました。

全て手書きで書いて、そして透明ビニールテープを使い、電信柱や掲示可能な場所を探して歩きました。これが意外に効果を発揮し、さんプラザコンタクトレンズと松葉眼科がどこにいったのか、探していた方の目に止まり、新しい移転先へわざわざ訪ねてきてくれた動機となりました。

一方、さんプラザビルをどのようにするかという集会が何回かありました。

1.現状をできるだけ活かし、最低の補修で再建を図る

2.全て取り壊し、立地を生かして新しい高層ビルを建てなおす

3.被害の少ない基礎を活かしてその上に 新しいビルを建てる

復興委員会が組織され、役員が任命され、ビル管理会社と今後の進むべき方向を何回も討議していました。役員となった方はご自分の店舗の再建だけでも大変な中で、全体のビルの再建をめぐり多くの利害関係者の利害がぶつかる中で一つの選択に意見をまとめていかなければなりませんでした。

どの方法も良いところもあれば、不利なところもでてきます。1の場合は、できるだけすぐにビジネスに戻りたいという気持ちがこもっています。早くお店を開けてお客様を失わないように、日々の現金収入を得たいという意識は誰にもありました。

2の全面的建て替え案は多大の経費を要します。誰がどのフロアを確保できるのか、配置替えの結果ではお店の将来が大きく変わり、ひいては存続問題にまで発展する問題となります。

しかし、このような災いを転じて福となす絶好の機会であるとも言えます。いつか老朽化するビルはなかなか全面的な建て替えなどができる機会はありません。

すでにさんプラザビルは老朽化の問題はジワリジワリと出ていました。老朽化を一気に最新のインテリジェント・ビルに変えることも可能だったのです。

3は、中間案で現実的には設計事務所や建築会社が強度計算をおこない、上にどのくらいの荷重がかかっても耐えられるかという答えが出たなかでの話ではありません。したがって、この3の案は希望的な案となります。

いつまでも、あれがいい、これがいいと「会議は踊る」というわけにもいかず、いつかは結論を出さなければなりません。そこで、区分所有者大会が召集され、多数決で決することとなりました。院長と私は、眼科とコンタクトレンズを代表し、区分所有者大会に出席しました。何メートルもあるカウンター台などの家具は、両端を台車に載せて、バランスをとりながらゆっくり運ぶことになります。

ビル管理者側の説明を聞き、それぞれの意思決定をおこなうために投票がなされました。その結果、多数を得たのは1の現状を活かし、最低の補修で再建を図るという案が採択されました。

これに向かって管理会社はこれから再建の見積もりをおこない、直ちに工事に取り掛かることに決まりました。

ビルを建てたのは、神戸市都市計画局が主体となり、日建設計が設計し、竹中工務店に発注したので、今回の補修再建も設計図を管理している関係上、竹中工務店になりました。

今日2月2日は、このようにさんプラザビルがどのような形で復興するかが決まった重要な一日でもあり、とても長い一日でした。

 阪神淡路大震災17日目:1995年2月2日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です