阿波勝浦のビッグひな祭りは、人形文化交流館で、NPO法人阿波勝浦井戸端塾の主催で開催されます。

阿波勝浦のビッグひな祭りは、人形文化交流館で、NPO法人阿波勝浦井戸端塾の主催で開催されます。ビッグひな祭りには、3万体の雛人形が、8mのピラミッド状に積み上げられています。 徳島ツアー(2)

勝浦川に沿って車を走らせていると、

ビッグひな祭りの旗が、沿道に並んでいます。

ビッグひな祭りとはなんだろう?気になります。

この辺りの地名は、比奈(ひな)と書いています。

この比奈を文字って、お雛祭のひなになった事がすぐ理解できました。

早速、ビッグひな祭りの会場に来ました。

ひな祭りは2/23からで、今日はまだ準備中でした。

しかも昼休みです。そこをなんとかお願いして、

設営中の方にお願いして、中に入れてもらいました。

ビッグひな祭りの主催は、NPO法人阿波勝浦井戸端塾です。

場所は、人形文化交流館です。

会場は、体育館のような広い部屋です。

案内してくれたおじさんの話によると、

このビッグひな祭りは、村おこしと、

人形文化の保存伝承のために、

お家で飾られなくなった雛人形を全国から集めて、

お人形の供養をします。

雛人形の供養の受付は、一体でも、

トラックいっぱいでも、均一価格の供養料5000円です。

全国から雛人形が集まるようになりました。

今では、約3万体の雛人形が、展示されるようになりました。

どんどん雛人形が集まってくるので、雛人形の保存会制度として、

希望者の方に、雛人形を差し上げるそうです。

松葉博雄も、もうちょっと早く訪れると、

雛人形の分譲に間に合いました。

残念なことに、もう分譲は終わってしまっています。

ピラミッドのように積み上げた雛人形の高さは、8mあるそうです。

ピラミッドの形は、人形の空箱を積み上げて、作っているそうです。

昨年は、人口6000人の町に対して、

約3万人のひな祭り観光客が訪れたそうです。

この催しを、他の地域でも開催したいという申し出があり、

トラックにいっぱいになるほどの雛人形を差し上げているそうです。

なかなかユニークなイベントで、

この発案者の阿波勝浦井戸端会議の発想と行動力に感動しました。

松葉博雄と奧さんにも、女の子の孫が昨年誕生しているので、

是非二人の孫娘を連れて、

このビッグひな祭りに来てみたいと思います。

ビッグひな祭りの隣の施設は、

JA東とくしまのよってネ市のある会場です。

ビッグひな祭りは又来るとして、

次のよってネ市に買い物に移動します。

先週の大寒波に比べて、

今日の阿波勝浦の気温は16度もある、ポカポカ陽気です。

これなら、もうすぐに梅の花も咲き、

梅林も賑わう季節になりそうです。

2014年2月20日(木)