始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 

投稿No:8551

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 新型肺炎市中感染流行

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス

肉を販売する店

【写真出所 ビジネスインサイダー businessinsider

日本政府の水際対策が失敗し、新型コロナウイルスは市中に広がっています。

中国・武漢発 新型コロナウイルスの軌跡を振り返ってみます。

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 始まりは2019年12月

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

始まり 2019年 12月8日

武漢市で原因不明の最初の肺炎患者が報告された。

12月30日 

武漢市の病院に勤務する医師の李文亮により、

原因不明の肺炎について記載された公文書の流布がWeChatにて行われる。

12月31日 
武漢で原因不明の肺炎発症
中国の武漢市内で原因不明の肺炎が広がっていると、

世界保健機関(WHO)が中国当局から報告を受けたとの報道が始まりでした。

カナダの健康モニタリングプラットフォーム

「BlueDot」がアウトブレイクの可能性を警告。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 2020年1月

2020年1月1日

 華南海鮮卸売市場を閉鎖。

閉鎖された市場

【写真出所 ビジネスインサイダー businessinsider

1月6日(月)

厚生労働省の電話相談窓口開設 

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

2020年1月7日(火)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 新型コロナウイルスと判明

武漢市の肺炎患者から、中国当局が新型コロナウイルスを検出しました。

1月9日(木)
WHOが中国でインフルエンザに似た症状が相次いで発生していることを公表。

1月12日(日)
中国で初の死者を確認
新型コロナウイルスで初の死亡者が確認された。

WHOは、新型コロナウイルスに武漢市内で41人が感染し、

そのうち1人が亡くなったと発表。

ほとんどの症例は、1月1日に閉鎖した武漢市内の海鮮市場

「華南海鮮卸市場」の従業員や来訪者でした。

1月13日(月)
中国以外で初の感染確認

武漢市からタイを訪れた中国人の女性から、新型コロナウイルスを検出した。

中国以外では初の感染確認。

1月16日(木)始まりからこれまで 中国・武漢発 

中国・武漢発 新型コロナウイルス 日本国内初の感染確認

武漢市から帰国した神奈川県の30代中国人男性から、新型コロナウイルスを検出した。

国内では初の感染確認。

1月20日(月)

人から人への感染確認

中国政府の専門家グループ国家衛生健康委員長の鍾南山が人から人への感染の確認を報告。

1月23日(木)
武漢封鎖
武漢市は新型コロナウイルスの市外への感染拡大を防止するため、交通機関の運行を停止した。

事実上、武漢を封鎖する措置が始まった。

WHOが新型肺炎の感染は中国では緊急事態だとしながらも

「国際的な公衆衛生上の緊急事態(PHEIC)と判断するには時期尚早」と判断した。

1月25日(土)

春節 人民大移動

2020年の春節が始まりました。

大晦日にあたる1月24日から7日間(1月30日まで)が祝日です。

その後、24~30日までだった連休を2月2日まで延長する異例の措置をとりました。

中国国内での死者は27日午前0時現在、80人に上りました。

1月27日(月)
中国人の団体ツアー旅行が禁止

中国の旅行会社を統括する中国旅行社協会は、中国政府の要求に基づき、

国外旅行を含む全ての団体ツアー旅行を27日から一時禁止とすることを決めた。

1月28日 (火)
日本人の感染者を初確認

厚労省は会見で、日本人の新型コロナウイルス感染者が

初めて確認されたことを明らかにしました。

感染したのは奈良県在住の60代男性。

武漢市から来たツアー客を乗せたバスの運転手だった。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

1月29日(水)

政府チャーター機による中国・湖北省在留邦人の帰国始まる。

武漢市にいる日本人を帰国させる目的で、

日本政府が派遣した民間チャーター機の第1便が羽田空港に到着した。

206人が帰国した。

翌30日に第1便の帰国者のうち3人に感染が確認された。

1月30日(木)

対策本部設置が閣議決定

安倍晋三首相を本部長に全閣僚で構成される対策本部は1月30日の閣議で設置された。

1月31日 (金)始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス

WHOが緊急事態宣言

WHOが新型肺炎について中国国外にも感染拡大の懸念が出てきていることから、

一転して「国際的な公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)を宣言。

中国での感染者数が1万人を超えた。

湖北省に2週間以内に滞在歴がある外国人らの入国拒否

2月1日から適用する。

世界保健機関(WHO)が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」

を宣言したことなどを受けて判断した。

coronavirus

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 2020年2月

2月1日(土)
日本で「指定感染症
日本政府は、新型コロナウイルスによる肺炎などを感染症法の「指定感染症」と

検疫法上の「検疫感染症」とする政令を施行。

検査・入院に強制力を持たせたほか、

中国湖北省からの外国人を入国拒否の措置をとった。

2月3日(月)
クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号横浜港に到着。

香港で下船した男性が感染していたことが分かり、

乗客乗員約3,700人を乗せたまま横浜港に停泊を続けた。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

2月5日(水)
横浜沖に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号で集団感染が判明

横浜港に停泊していた豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員乗客10人に、

新型コロナウイルスの感染が確認された。

厚労省は乗員乗客に14日間程度、船内に待機してもらう方針を示す。

2月6日(木)

クルーズ船ウエステルダム号の外国人の入国拒否

安倍晋三首相は香港発で近く日本に入港予定のクルーズ船

「ウエステルダム」に乗船している外国人の入国を拒否すると表明した。

新型コロナウイルスによる肺炎を発症した恐れのある人が

船内で確認されたため、対応を強化する。

2月8日 (土)
武漢在住の日本人が死亡

中国政府は武漢市で新型コロナウイルスに感染して死亡した外国人2人について、

うち1人は8日に亡くなった日本人だと発表した。

新型コロナウイルスに感染した日本人の死者は初めて。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

2月11日 (火)
病名を「COVID-19」と命名

WHOは新型コロナウイルスによる肺炎などの疾患について

「COVID-19(コービッド・ナインティーン)」と名付けたと発表した。

2月12日(水)

入国拒否の対象を 浙江省に滞在歴のある外国人などにも拡大へ

安倍総理大臣は、12日朝開かれた政府の対策本部で、

入国を拒否する対象を、中国・湖北省に加え、

感染が広がっている浙江省に滞在歴のある外国人などにも

拡大する方針を明らかにしました。

2月13日 (木)
国内初の死者

新型コロナウイルスに感染していた神奈川県在住の80代女性が死亡。

国内初の死亡者となった。

中国との明確な接点はなく、国内での市中感染が懸念される事態になった。

2月14日(金)
1月30日に武漢市からのチャーター便(第2便)により帰国した邦人のうち、

宿泊施設に宿泊中の199人については、

国立感染症研究所において新型コロナウイルスに係る検査を実施したところ、

全ての方の結果が陰性であると報告がありました。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

2月17日(月)
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の

新型コロナウイルスに関する検査で陽性が確認されたのは

延べ1,723名の検査中454名(うち無症状病原体保有者(*)延べ189名)となりました。

2月18日(火)
53例の患者、13例の無症状病原体保有者が確認されました。

2月19日(水)
国内では、2月18日に今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の

患者6名(54例目から59例目)及び無症状

病原体保有者1名の報告がありました。

2月20日(木)
国内では、2月19日に今般の新型コロナウイルスに関連した

感染症の患者11名(60例目から70例目、

うち1例はチャーター第5便の帰国者)の報告がありました。

2月21日(金)
79例の患者、14例の無症状病原体保有者が確認されています。

2月22日(土)
国内感染者は105名(患者91名、無症状病原体保有者14名)となり

91例の患者、14例の無症状病原体保有者が確認されています。

2月23日(日)
国内感染者は132 名(患者113 名、無症状病原体保有者16 名、

陽性確定3名)となります。

2月24日(月)

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解

125例の患者、16例の無症状病原体保有者、

陽性確定例3例が確認されている。

2月25日(火)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 政府の基本方針

現状については「一部地域に小規模な集団感染が把握されている状態」

と分析患者の増加スピードを可能な限り抑え、

重症者の発生を最小限に食い止めるとしている。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

2月21日報から下線部分を更新しました。
2月22日に、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から

89名(うち日本人70名)の方が下船し、

税務大学校和光校舎(埼玉県和光市)へ移動しました。

また、2月23日に患者が死亡されました。

 国内では、2月21~24日に今般の新型コロナウイルスに関連した

感染症の患者60名(80例目から139例目)、

無症状病原体保有者2名、陽性確定例(症状有無確認中)1名の報告がありました。

2月26日(水)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 2週間のスポーツ・文化イベント自粛要請

安倍晋三首相は、国内のスポーツ・文化イベントの開催を

2週間自粛するよう要請する考えを示しました。

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

2月27日(木)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 全国の小中高校の臨時休校を要請。

安倍首相から3月2日から春休みが明けるまで、臨時休校を要請しました。

2月28日(金)

安倍晋三首相は28日、衆院財務金融委員会で、

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた全国への休校要請について

「基本的な考え方として示した。

各学校、地域で柔軟にご判断いただきたい」と理解を求めた。

中国・武漢発 新型コロナウイルス 緊急事態宣言 2月29日(土)

安倍晋三首相の記者会見 緊急事態宣言

国民に理解と協力を求める。

一斉休校、判断根拠示さず 具体策乏しく 感傷的に「断腸の思い」

安倍内閣総理大臣記者会見

始まりからこれまで 中国・武漢発 新型コロナウイルス 2020年3月

3月1日(日)

大相撲大阪場所 無観客で開催

大相撲三月場所は「無観客で開催」とさせていただくことを決定いたしました。

3月2日(月)

神戸港クルーズ船 ルミナス 倒産

ルミナスクルーズ(株)

(資本金1000万円、兵庫県神戸市中央区波止場町5-6、代表熊野幸三氏、従業員13名)

は、3月2日に神戸地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全・監督命令を受けた。

3月3日(火)

神戸市で初 40代男性が感染 兵庫県で2人目

神戸市は3日、市内の40代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
症状は重くない。職業や行動歴については同日から調査を始める。

3月4日(水)

選抜高校野球大会 無観客試合での準備を要請

日本高野連は4日、大阪市内で第92回選抜高校野球大会運営委員会と

臨時理事会を開催。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、

出場32校に無観客試合での準備を要請しつつ、

開催可否は11日の臨時運営委員会で最終判断することを発表した。

3月5日(木)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 死者3000人超 感染者8万409人

中国政府は5日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、

中国本土の死者が前日比31人増の3012人になったと発表した。

中国・武漢発 新型コロナウイルス  習近平氏の来日延期

政府は5日、4月に予定していた中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の

国賓としての来日を当面延期すると正式発表した。

3月8日(日)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 大相撲春場所 無観客の初日 大阪

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて

観客を入れずに開催される大相撲春場所は、

力士などへの感染防止対策が取られる中、

初日の取組が行われました。

無観客の大相撲春場所が初日 大阪

3月10日(水)

中国・武漢発 新型コロナウイルス 首相「イベント自粛、10日程度は継続を」 対策第2弾

政府は10日、学校の臨時休校などで休業を余儀なくされた

一部のフリーランスの人たちへの助成金制度や、

休校中の給食費の保護者への返還、PCR検査の能力拡大などを盛り込んだ緊急対応策

の第2弾をまとめた。

安倍晋三首相は、今後10日間程度、

イベント自粛などの取り組みを続けることも求めた。

3月13日(金)

 新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が13日、

参院本会議で可決、成立した。14日にも施行される。

全国的かつ急速なまん延で、甚大な影響を及ぼすと首相が判断すれば緊急事態宣言を出し、

都道府県知事が外出自粛や休校措置を要請できる。

国民の私権制限につながる可能性に懸念も指摘されている。

3月15日(日)

中国・武漢発 新型コロナウイルス、中国本土の死者3199人に

中国の国家衛生当局によりますと新型コロナウイルスによる中国本土での死者は14日、

新たに10人確認され、あわせて3199人になったということです。

 また、新たに感染が確認されたは20人で、あわせて8万844人となりました。

一方、北京市は15日、海外からの入国者で感染の疑われる人が8人確認され、

うち1人が日本からの入国者だったと発表しました。国籍は明らかにされていません。

3月21日(土)

新型コロナウイルス 世界の感染者、25万人超す 拡大加速、数日で5万人増

各国政府の発表などによると、 

中国以外の世界各地での感染者・死者数が中国本土を初めて上回ったのは16日で、

その後も差は広がり続けている。感染拡大がいつまで続くのか、

全く見通せない状況が続いている。 WHOによると、感染者が5万人を超えたのは2月15日付で、

10万人超えは3月7日付と、5万人増えるのに約3週間かかっていた。

3月22日(日)

中国・武漢発 新型コロナウイルス NY州、感染者1万人超え 収束まで「数カ月」 

米東部ニューヨーク州のクオモ知事は21日、

州内の感染者が前日から3254人増え、1万356人になったと発表した。

3月24日(日)

IOC、東京五輪を2021年に延期と発表 中国・武漢発 新型コロナウイルス 

東京五輪・パラ 1年程度の延期を承認 IOC臨時理事会

国際オリンピック委員会(IOC)は24日、

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を受け、

東京五輪を延期し、遅くとも2021年夏までに開催すると発表した。

 トーマス・バッハ(Thomas Bach)会長は延期の決定について、

「人命を守ること」にあると説明。

3月26日(木)

改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく対策本部の設置を閣議決定

政府は26日、新型コロナウイルス対策を強化するため、

改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく対策本部の設置を閣議決定した。

菅官房長官が記者会見で明らかにした。

3月27日(金)

キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣、中国・武漢発 新型肺炎治療を支援

キューバは新型コロナウイルスへの有効性が期待される「奇跡の新薬」を届けるため、

世界中に医療チームを派遣する。

この新薬はインターフェロン・アルファ-2Bリコンビナント(IFNrec)という抗ウイルス薬。

キューバと中国の研究チームが共同で開発した。

今年1月から中国で活動してきたキューバの医療チームは、

COVID-19のパンデミック(世界的大流行)克服のため世界各地でこの薬を用いた治療を行う。

世界全体で新型コロナウイルスの感染者は3月27日時点で累計44万人を上回り、

死者は2万人を突破した(一方、回復した人も30万人を超える)。

3月28日(土)

首相、最大規模の緊急経済対策を指示 新型コロナ対応

首相は「現状は緊急事態宣言との関係でぎりぎり持ちこたえている状況だ。

瀬戸際の状況が続いている」と述べ、

現段階では宣言を発令する状況ではないとの認識を示した

 

出典 ヤフーニュース NHK TBSニュース 朝日新聞 産経新聞 読売新聞 毎日新聞 日本経済新聞  共同通信 京都新聞  神戸新聞  ニュースウイーク日本語版

写真出所:Yahooより引用

新型コロナウイルス 関連記事 アーカイブ