好きな焼酎 屋久島の焼酎三岳(みたけ)はなぜ美味しいのか?

好きな焼酎は 屋久島で一番人気の焼酎は三岳(みたけ)です。三岳(みたけ)酒造株式会社が製造しています。

好きな焼酎との出会い 

 三岳

1998年10月の秋晴れの清々しい頃、鹿児島空港からYS11機に乗り、屋久島へ行ったことがあります。

当時は、屋久島行の飛行機はプロペラ機でした。

プロペラ機に乗るのは初めてです。

三岳

三岳のおいしさの源泉は、屋久島の水

三岳の醸造元は屋久島の中にある「三岳酒造」です。

三岳の名称は、九州の「宮之浦岳」、「永田岳」、「黒味岳」の3つの山岳から名づけられました。

原材料である黄金千貫を屋久島で作ることができません。

 
芋は鹿児島の本土から取り寄せたものです。
 
材料を取り寄せてまで焼酎を作る理由は、屋久島の豊かな水にあります。
 
名水百選に選ばれた、おいしい水こそが三岳の味を決めている大きな理由ともいえます。
屋久島には雨を集めた川があり、滝もあります。
 
美味しい水が島に流れています。このおいしい水が三岳の味の源泉です。
 

屋久島には古い杉が数多くあります。

「仏陀杉」はおよそ2,500年前、仏陀が生まれた頃の杉という意味です。

それは、事前に知っていたことですが、焼酎のことは気にしていませんでした。

屋久島の杉を育てたのは、雲がもたらす降水です。

降水は地中に沁み込み、地中からおいしい味をもらって、また湧き水となって地表に現れます。これが、三岳になるのです。

屋久杉も、三岳も、屋久島の気象条件の恵みなのです。

三岳

屋久島海中温泉

海中温泉もその一つです。

海中温泉は潮が満ちてくると海の中に消えてしまいます。

潮がひくと露天風呂となります。

露天風呂に漬かっていると、観光バスがすぐそばまでやって来て、

ガイドさんが、ここです、ここですと乗客を案内して来るのです。

普通なら、露天風呂の中にまで、観光客は侵入してきませんが、

さすが屋久島では、お湯のそばまで、ガイドさんが寄って来ました。

これでは、出るに出られず、じっと我慢です。三岳

三岳が好きな焼酎に

屋久島で初めて出合った焼酎が「三岳」(みたけ)です。

三岳を飲んだ時、衝撃的な驚きでした。

お湯割りで三岳をゆっくり飲むと、口の中にも、頭の中にも、屋久島の静寂に包まれるのです。

なんという、味わいの深さだろうと、感銘を受けました。

癖のない、ピュアな味わいです。

これで、私は三岳を好きな焼酎と公言できるようになりました。

三岳

ラベルの両脇にはバナナの葉か、あるいは芭蕉の葉か、トロピカルなラベルです。

最近では焼酎を飲む方が増え、三岳も神戸の酒屋さんで買うことが出来るようになりました。

三岳

三岳(みたけ)をお湯で割り、沖縄で買ったミカンの一種である「シークワーサー」を浮かべて呑むお湯割りが気に入っています。

三岳は、人気が上がり、全国区の焼酎に成長しています。

好きな焼酎の人気が高まれば嬉しくなりますが、入手困難になるのは困ったものです。

まとめ

名水百選に選ばれた、おいしい水こそが三岳の味を決めている大きな理由ともいえます。
屋久島には雨を集めた川があり、滝もあります。
 
美味しい水が島に流れています。このおいしい水が三岳の味の源泉です。
 

降水は地中に沁み込み、地中からおいしい味をもらって、また湧き水となって地表に現れます。これが、三岳になるのです。

屋久杉も、三岳も、屋久島の気象条件の恵みなのです。

屋久島 関連記事 アーカイブ