1月22日は「カレーcurryの日」 大人も子供も皆カレー好き 

投稿No:8877

Curry 1月22日は「カレーの日」です。 日本人はカレー好き カレーの知識

1月22日は「カレーの日」制定の理由は給食

1年365日、公式の記念日以外にも、実に様々な「○○の日」というのがあります。

1月22日は「カレーの日」だそうです。

シーサイドレストラン

なぜ1月22日が「カレーの日」なのか調べてみました。

『1月22日を「カレーの日」に制定

1982年、社団法人全国学校栄養士協議会が、学校給食週間の前に、

子供たちに好まれていたカレーを全国の学校給食メニューとして提供を呼びかけたことにちなんでいます。』

出典 全日本カレー工業協同組合

カレーの日は学校給食が発端でした。

給食のカレーは誰もが好きなメニューだったと言っても過言ではないでしょう。

スタッフ達に尋ねてみると、一様に「好きでした」という返事が返ってきます。

全ての子供たちが食べられる絶妙な辛さと、バランスの良い具材が入った給食のカレーは、多くの人の郷愁を誘うようです。

ライスカレーとカレーライスの違い

ライスカレーとカレーライスの違いについて、

専門家によると最も大きな違いは、

カレーとライスの出され方だそうです。

ライスにカレーが盛られているものをライスカレーと呼び、

一方、カレーが容器などに入れられてライスとは別々に出てくるものをカレーライスと呼ぶのだそうです。

1月22日は「カレーの日」 日本人がカレー好きである理由

「日本人はなぜカレーが好きなのか」ということを真面目に研究している人が、ずいぶんといらっしゃるようです。

面白い記事を見つけました。

日本にカレーが初めて伝わったのは江戸末期だそうです。

また、今ではイギリスから伝わった横須賀の海軍カレーが有名ですが、

レシピが日本のもたらされてから、

日本人向けにアレンジされて広まるまでのスピードもなかなか凄まじい速さであったようです。

明治の頃にはアレンジされたカレーが出ていたそうです。

カレーは「米と一緒に食べる西洋料理」として、

米が主食である日本人にとって、

受け入れやすかったのだろうと言われています。

出典・参考 これほど日本人がカレー好きなのにはワケがある(JBpress)

1月22日は「カレーの日」 美味しいカレーが食べたいな 猪肉カレー

我が家でも、よくカレーを作ります。

オーソドックスなものから、時々ちょっと変わり種のものまで、

家庭で作るカレーとしてはなかなか幅広いと思います。

猪肉のカレーを作ったときは、淡路島特産の玉ねぎや、

ご近所さんに頂いたご自分の畑でできたニンジン、

マレーシアで購入したカレー粉を使用しました。

炒めた猪肉の甘い脂が野菜に絡み、コクのある美味しいカレーになりました。

海外のカレー粉を使うと、不思議とその国で食べるカレーの味に近づくのが不思議ですね。

↓詳しい記事はコチラ↓

ごちそうさまでした。奥さんが作った猪カレーはとても美味しかったです。

1月22日は「カレーの日」 日本人はカレー好き 変わったカレーが食べたいな すじカレー

奥さんは、いろいろと工夫して美味しい料理を作ってくれます。

そのために色んな部位のお肉を買って保存しています。

今回はすじ肉です。

神戸には、すじ肉を使った洋食やB級グルメがたくさんあります。

牛すじカレーやお好み焼き、そばめしなどにも使われています。

すじ肉は下処理が結構大変です。

一度茹でこぼし、臭みを取るためにショウガやネギと一緒にまた茹でる、

ということをして柔らかくしておかなければいけません。

その分、ほろほろに柔らかくなったすじ肉はとても美味しく、

カレーにもピッタリ合います。

すじ肉のカレーは少し辛めにして、スパイスを効かせるとより美味しくなります。

↓詳しい記事はコチラ↓

食べログ 家で食べログ 奧さんが作るカレーライスは、マレーシアで買ったカレー粉を使っています。

1月22日は「カレーの日」です。 たまにはお店のカレーを食べよう

さんプラザビルやセンタープラザビルの地下には多くの飲食店があります。

いわゆる「B級グルメ」と呼ばれるような、地元で知る人ぞ知る、

といった風情のお店がひしめいています。

カレーを提供する店も何店舗かあり、お店によって特徴があります。

人気のあるなしがかなりハッキリ出るので、

お店の入れ替わりもそこそこあります。

インパクトのある見た目は、最初は目を惹くのに役立ちます。

美味しければリピーターが付き、口コミが広がっていきます。

こちらのお店はどうでしょうか。

↓詳しい記事はコチラ↓

神戸牛筋黒カレーの店、グリルピラミッドさんプラザ店に、行ってみました。

1月22日は「カレーの日」 アレンジ鶏カレー

以前はよく沖縄に行き、長期間滞在するのが決まりのようになっていました。

会員制のホテルはコンドミニアムになっていて、

キッチンもあってお料理ができます。

いつでも奥さんの料理が食べられるのです。

仲良くしていただいている沖縄の友人、片山正喜さんもご招待して、

奥さんが食べたくなった鶏のカレーを作ってくれました。

ジャガイモの代わりにアボカドとバナナを入れています。

マレーシアで購入したカレー粉も大活躍です。

よく炒めた玉ねぎとバナナ・りんごの甘さがカレーの辛さに絶妙にマッチしていました。

↓詳しい記事はコチラ↓

鶏カレーには、じゃがいもを抜いて、バナナとアボカドを入れてみました。

1月22日は「カレーの日」 寒い冬にもカレー

ここ最近、何度も寒波がやってきて、大きな被害が出た地域もあります。

神戸でも雪がちらつく日があり、どうしても体が縮こまってしまいがちです。

こういうときには、代謝を上げるためにカレーが食べたくなります。

ちょうど明日は「カレーの日」。

代謝も免疫力も上げて、コロナに打ち勝ちたいと思います。

 カレー 関連記事 アーカイブ