月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

三宮センタープラザビル地階の、沖縄物産店の「わした」で、泡盛菊之露を買ってきました。

沖縄の泡盛や屋久島の焼酎を、夏は氷で割り、冬はお湯で割って、ちょびちょびと毎晩飲んでいます。 センタープラザビル本館と西館との間に、沖縄物産を販売するお店、わした神戸三宮店があります。 沖縄のお酒を調... 

原酒 三岳と、名門の粋 魔王は、どんな味でしょうか? 社長ブログ/グルメ感想/三岳・魔王

原酒三岳と、名門の粋 魔王は、鹿児島の焼酎です。社長ブログ/グルメ感想/三岳・魔王 良い物を窪田敦典さんから頂きました。 辛党には、甘党とは違った価値基準があります。 甘党の人達は、ケーキ、饅頭、お菓... 

たばる坂には良いお酒が並んでますね、銘柄を見ればお値段も高そうです。

たばる坂では、いい食器を使っていますね、食器を見れば、お値段も安くなさそうです。たばる坂(1) たばる坂のおでんは、一品ずつ、ほどよい器に盛られています。おでんを食器がもり立てています。 月例会議の後... 

古代のお酒の作り方は、お米を噛んで吐き出し、発酵させる作り方です。かもじとは、お米を口で噛んで、口の中の唾液でお米を発酵させる事です。昔は、若い女性がお米を噛んで、唾液を付けて、かもじ出していました。

淡路市久留麻にある千年一酒造で見学と酒粕のお買い物(2) 古代のお酒の作り方は、お米を噛んで吐き出し、発酵させる作り方です。今では、一樽で1200㎏のお米を一度にお酒に変えていきます。 酒蔵は醤油蔵と... 

父の日に貰って嬉しいランキング。調べてみると、①お酒、②食事、③衣類でした。

父の日に貰って嬉しいのは、ランキングを調べてみると、①お酒、②食事、③衣類でした。お酒を飲むためのグラスを頂きました。 父の日に貰って嬉しいのは、ランキングを調べてみると、①お酒、②食事、③衣類でした... 

お酒の“甘口・辛口”の分け方は、比重です。アルコールばかりだと比重が軽くて、“辛口” 、 米の養分をたっぷり残した日本酒は、逆に比重は重く“甘口”だそうです。 つまり、アルコール好きは、「辛党」

酒の肴に、本当の魚を使って作ります。 酒のつまみを作ります。酒の肴です。酒の肴に、本当の魚も使います。鯛のアラを使って、レンコンと炊き合わせします。 お酒の“甘口・辛口”の分け方は、比重です。アルコー...