月別にアーカイブを選択すると、その月の記事の一覧がサムネイルで閲覧できます。

ブッダが、初めてその教えを説いた、初転法輪の頃から、仏陀が説いた事は、私達に、人生は苦しみの集まったもので、その苦しみから逃れるには、どうすればいいのかという、ごく分かりやすい話の内容です。

仏陀の言葉は、漢文調になり、読み下しとなると、意味不明の外国語です。聞いてて分からないお経から、分かるお経になるように、宗教改革が起きたらいいなぁと思います。徳島ツアー(2) これから向かうお寺は、1... 

井戸寺の名前の由来は、弘法大師が水不足や濁り水に苦しんでいた住民のために、井戸を掘ったことからです。

四国八十八カ所巡礼では、薬師如来が本尊のお寺が多くあります。お寺は、民衆が自分の力では及ばないことを、お寺にお願いする所なので、代表的なお願いとなれば、今と違って、薬も医療施設もなかった時代には、病気... 

四国霊場第十六番目の観音寺には、仏足跡があります。合掌し、礼拝した手で自分の体の悪い箇所を撫でると、罰障を滅し、諸願を成就すると言われています。

ブッダの教えは、執着から離れるように、教えています。「蛇の毒が(身体のすみずみに)ひろがるのを薬で制するように、怒りが起こったのを制する修行者(比丘)は、この世とかの世とをともに捨て去る。 ― 蛇が脱... 

阿波の国、国分寺跡には、四国八十八カ所霊場 第十五番札の、阿波国分寺があります。

仏教に篤く帰依した聖武天皇(在位724〜49)は、天平13年に国家の安穏や五穀豊穣、政教一致、地方文化の向上などを祈って、勅命により全国68ヶ所に国分寺、国分尼寺を創建したと記されている通りです。 松... 

インドの国宝、サルナート博物館のブッダの像のレプリカを、四国霊場 第一番 竺和山 霊山寺でもう一度拝観しました。

四国霊場 第一番 竺和山 霊山寺の本尊は、釈迦如来です。  徳島 (21) 今回の旅で、最後の霊場です。 四国霊場 第一番 竺和山 霊山寺です。霊山寺には、一度お詣りをしています。それでも、もう一度行...